平成22年度当初予算編成関係日程

更新日:平成21年11月19日

主な日程

平成21年11月19日現在

1 予算編成要領通知

11月6日(金曜日)

 予算要求に当たっての基準や留意点について各部局に通知

2 予算要求書提出

11月13日(金曜日)

 各部局からの要求内容について、財政課担当者が各部局担当者との議論を通じて、事業実施の要否や経費見積もりについて調査検討

3 要求知事ヒアリング

12月上旬

 予算編成の初期段階で、知事が各部局の要求のポイントについて聞き取りを行う (主要事業、歳出抑制の取組み状況等)

4 財政課長計数整理

11月下旬から12月下旬

 財政課担当者の検討結果をもとに財政課長が予算計上についてさらに調査検討し、査定原案を作成

□ 政府予算案・地方財政対策決定

年内見込み

5 財政課長内示

1月上旬

 財政課長段階の査定原案を各部局に内示

6 総務部長復活要求

1月中旬

 財政課長内示結果に対して、なお検討が必要な事項について総務部長の判断を求める

7 総務部長内示

1月下旬

 総務部長段階の査定案を各部局に内示 

8 知事復活要求

1月下旬

 総務部長内示結果に対して、なお検討が必要な事項について知事の判断を求める

9 知事査定ヒアリング

1月下旬

 各部局から、総務部長査定案に基づく予算計上案の概要や復活要求の内容について知事に説明

10 政調会

2月上旬

 各部局予算の検討状況について、議会各会派が担当部局から説明を聴取し、議論 

11 知事査定

2月中旬

 政調会における議論等も踏まえ、知事が予算案の内容を決定

12 予算案公表

2月中旬

 2月定例府議会への提出予定議案を議会運営委員会で説明し、あわせて予算案の内容を公表
 (通例として、定例府議会開会の1週間前)

13 2月定例府議会開会

2月下旬

 予算案を府議会に提出 (会期は3月下旬まで) 

 


(ご注意)

 上記の予算編成日程は、現時点における予定です。政府予算案の検討状況等、様々な要因によって変動することがありますので、ご了承下さい。

ページの先頭へ

このページの作成所属
財務部 財政課 財政企画グループ

ここまで本文です。