平成29年度当初予算 職員費

事業名 :職員費(19962773) 予算要求課 港湾局
細事業名 :職員費 予算計上課 港湾局
細々事業名 :職員費(19962773-00010001)
給与・職員手当等 政策的経費 準義務的経費
要求額を見る 査定額を見る (単位 千円)

要求額の内訳

公単区分

査定額の内訳

本年度要求

1 給料 187,425千円 187,425千円
港湾整備事業特別会計支弁職員 港湾整備事業特別会計支弁職員
H27:45人 H27:45人
    186,930,000= 186,930     186,930,000= 186,930
【課長後調整後】−【当初内示】 【課長後調整後】−【当初内示】
187,605,000 - 186,930,000= 675 187,605,000 - 186,930,000= 675
 
【部長後調整後】−【課長後調整後】 【部長後調整後】−【課長後調整後】
187,425,000 - 187,650,000 = ▲225 187,425,000 - 187,650,000 = ▲225
 
【課長後調整後】−【当初内示】 【課長後調整後】−【当初内示】
187,650,000 - 187,605,000= 45 187,650,000 - 187,605,000= 45
(給料計) 187,425千円 (給料計) 187,425千円
1 管理職手当 1,970千円 1,970千円
1,974,000円= 1,974 1,974,000円= 1,974
 
 
 
 
【課長後調整後】 − 【当初内示】 【課長後調整後】 − 【当初内示】
  1,966,000 - 1,974,000= ▲8   1,966,000 - 1,974,000= ▲8
 
【課長後調整後】 − 【当初内示】 【課長後調整後】 − 【当初内示】
  1,970,000 - 1,966,000= 4   1,970,000 - 1,966,000= 4
(管理職手当計) 1,970千円 (管理職手当計) 1,970千円
1 扶養手当 7,200千円 7,200千円
   7,515,000円= 7,515    7,515,000円= 7,515
 
 
 
 
【課長後調整後】 − 【当初内示】 【課長後調整後】 − 【当初内示】
  7,425,000 - 7,515,000= ▲90   7,425,000 - 7,515,000= ▲90
 
【課長後調整後】 − 【当初内示】 【課長後調整後】 − 【当初内示】
  7,200,000 - 7,425,000= ▲225   7,200,000 - 7,425,000= ▲225
(扶養手当計) 7,200千円 (扶養手当計) 7,200千円
1 調整手当 21,825千円 21,825千円
22,050,000円= 22,050 22,050,000円= 22,050
 
 
 
 
【課長後調整後】 − 【当初内示】 【課長後調整後】 − 【当初内示】
  21,870,000 - 22,050,000= ▲180   21,870,000 - 22,050,000= ▲180
 
【課長後調整後】 − 【当初内示】 【課長後調整後】 − 【当初内示】
  21,825,000 - 21,870,000= ▲45   21,825,000 - 21,870,000= ▲45
(調整手当計) 21,825千円 (調整手当計) 21,825千円
1 住居手当 2,430千円 2,430千円
2,295,000円= 2,295 2,295,000円= 2,295
 
 
 
 
【課長後調整後】 − 【当初内示】 【課長後調整後】 − 【当初内示】
   2,250,000 - 2,295,000= ▲45    2,250,000 - 2,295,000= ▲45
 
【課長後調整後】 − 【当初内示】 【課長後調整後】 − 【当初内示】
   2,430,000 - 2,250,000= 180    2,430,000 - 2,250,000= 180
(住居手当計) 2,430千円 (住居手当計) 2,430千円
1 通勤手当 10,550千円 10,550千円
  9,415,000円= 9,415   9,415,000円= 9,415
 
 
 
 
【課長後調整後】 − 【当初内示】 【課長後調整後】 − 【当初内示】
  10,460,000 - 9,415,000= 1,045   10,460,000 - 9,415,000= 1,045
 
【課長後調整後】 − 【当初内示】 【課長後調整後】 − 【当初内示】
  10,550,000 - 10,460,000= 90   10,550,000 - 10,460,000= 90
(通勤手当計) 10,550千円 (通勤手当計) 10,550千円
1 特殊勤務手当 360千円 360千円
          405,000円= 405           405,000円= 405
 
 
 
 
 
【課長後調整後】 − 【当初内示】 【課長後調整後】 − 【当初内示】
  360,000 - 405,000= ▲45   360,000 - 405,000= ▲45
(特殊勤務手当計) 360千円 (特殊勤務手当計) 360千円
1 時間外手当 10,409千円 10,409千円
         10,599,000円= 10,599          10,599,000円= 10,599
 
 
 
 
【課長後調整後】 − 【当初内示】 【課長後調整後】 − 【当初内示】
  10,409,000 - 10,599,000= ▲190   10,409,000 - 10,599,000= ▲190
(時間外勤務手当計) 10,409千円 (時間外勤務手当計) 10,409千円
1 管理職員特別勤務手当 20千円 20千円
22,000円= 22 22,000円= 22
 
 
 
 
 
【課長後調整後】 − 【当初内示】 【課長後調整後】 − 【当初内示】
  20,000 - 22,000= ▲2   20,000 - 22,000= ▲2
(管理職員特別勤務手当計) 20千円 (管理職員特別勤務手当計) 20千円
1 期末手当 84,735千円 84,735千円
        80,235,000円= 80,235         80,235,000円= 80,235
 
 
 
 
 【課長後調整後】 − 【当初内示】  【課長後調整後】 − 【当初内示】
  82,980,000 - 80,235,000= 2,745   82,980,000 - 80,235,000= 2,745
 
【部長後調整後】 − 【課長後調整後】 【部長後調整後】 − 【課長後調整後】
  84,735,000 - 82,755,000= 1,980   84,735,000 - 82,755,000= 1,980
 
【課長後調整後】 − 【当初内示】 【課長後調整後】 − 【当初内示】
  82,755,000 - 82,980,000= ▲225   82,755,000 - 82,980,000= ▲225
(期末手当計) 84,735千円 (期末手当計) 84,735千円
1 児童手当 3,690千円 3,690千円
   4,230,000円= 4,230    4,230,000円= 4,230
 
 
 
 
【課長後調整後】 − 【当初内示】 【課長後調整後】 − 【当初内示】
  4,095,000 - 4,230,000= ▲135   4,095,000 - 4,230,000= ▲135
 
【課長後調整後】 − 【当初内示】 【課長後調整後】 − 【当初内示】
  3,690,000 - 4,095,000= ▲405   3,690,000 - 4,095,000= ▲405
(児童手当計) 3,690千円 (児童手当計) 3,690千円
(職員手当等計) 143,189千円 (職員手当等計) 143,189千円
1 共済費 75,901千円 75,901千円
(1)地方職員共済組合負担金 (1)地方職員共済組合負担金
      70,236,000円= 70,236       70,236,000円= 70,236
 
(2)地方公務員災害補償基金負担金 (2)地方公務員災害補償基金負担金
     403,000円= 403      403,000円= 403
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(1)地方職員共済組合負担金 (1)地方職員共済組合負担金
【課長後調整後】 − 【当初内示】 【課長後調整後】 − 【当初内示】
 71,480,000 - 70,236,000= 1,244  71,480,000 - 70,236,000= 1,244
(2)地方公務員災害補償基金負担金 (2)地方公務員災害補償基金負担金
課長後調整後】 − 【当初内示】 課長後調整後】 − 【当初内示】
   354,000 - 403,000= ▲49    354,000 - 403,000= ▲49
(1)地方職員共済組合負担金 (1)地方職員共済組合負担金
【部長後調整後】 − 【部長復活後】 【部長後調整後】 − 【部長復活後】
 71,865,000 - 71,480,000= 385  71,865,000 - 71,480,000= 385
 
(1)地方職員共済組合負担金 (1)地方職員共済組合負担金
【課長後調整後】 − 【当初内示】 【課長後調整後】 − 【当初内示】
 78,300,000 - 71,865,000= 6,435  78,300,000 - 71,865,000= 6,435
(2)地方公務員災害補償基金負担金 (2)地方公務員災害補償基金負担金
課長後調整後】 − 【当初内示】 課長後調整後】 − 【当初内示】
   346,000 - 354,000= ▲8    346,000 - 354,000= ▲8
 
(1)地方職員共済組合負担金 (1)地方職員共済組合負担金
【部長後調整後】−【課長後調整後】 【部長後調整後】−【課長後調整後】
 75,555,000 - 78,300,000= ▲2,745  75,555,000 - 78,300,000= ▲2,745
(一般職員分計) 75,901千円 (一般職員分計) 75,901千円
(共済費計) 75,901千円 (共済費計) 75,901千円
1 互助会負担金
(職員互助会に対するもの計) 0千円 (職員互助会に対するもの計) 0千円
(補助金計) 0千円 (補助金計) 0千円
(負担金、補助及び交付計) 0千円 (負担金、補助及び交付計) 0千円
(合計) 406,515千円 (合計) 406,515千円

 [特定財源の内訳]

平成29年度要求

平成29年度査定

積算内訳

金額

積算内訳

金額

1 港湾施設使用料 299,820 要求どおり 299,820
            299,820,000円= 299,820             299,820,000円= 299,820
 
 
 
 
  299,820 299,820
  299,820 299,820
  299,820 299,820
  299,820 299,820
1 港湾用地貸付料 106,695 要求どおり 106,695
            106,695,000円= 106,695             106,695,000円= 106,695
 
 
 
 
  106,695 106,695
  106,695 106,695
  106,695 106,695
  106,695 106,695
  406,515 406,515
1 一般会計繰入金 要求どおり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  0 0
  0 0
  0 0
  0 0
1 港湾整備事業債 要求どおり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2 地域開発事業債(臨海土地造成) 要求どおり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  0 0
  0 0
  0 0
  0 0
  406,515 406,515


ここまで本文です。