平成28年度当初予算 中河内救命救急センター運営費()

事業名 :中河内救命救急センター運営費()(19964082) 予算要求課 医療対策課
細事業名 :中河内救命救急センター管理運営委託料 予算計上課 医療対策課
細々事業名 :管理運営委託料(19964082-00030011)
一般事業費 政策的経費 準義務的経費
要求額を見る 査定額を見る (単位 千円)

要求額の内訳

公単区分

内示

調整要求

1 中河内救命救急センター管理運営
  委託
758,395千円 1 中河内救命救急センター管理運営
  委託
555千円
(その他の委託料計) 758,395千円 (その他の委託料計) 555千円
(委託料計) 758,395千円 (委託料計) 555千円
(合計) 758,395千円 (合計) 555千円

 [特定財源の内訳]

内示

平成28年度要求

積算内訳

金額

積算内訳

金額

1 診断書等交付手数料 2,931 1 診断書等交付手数料
2,931,000= 2,931  
(中河内救命救急センター管理運営事業手数料 2,931   0
(医薬手数料計) 2,931   0
目計 健康医療手数料 2,931   0
項計 手数料 2,931   0
款計 使用料及び手数料 2,931   0
1 大阪府新人看護職員研修事業補助金 294 1 大阪府新人看護職員研修事業補助金
294,000円= 294  
(中河内救命救急センター管理運営事業補助金 294   0
(医薬費補助金計) 294   0
目計 健康医療費国庫補助金 294   0
項計 国庫補助金 294   0
款計 国庫支出金 294   0
1 救急救命士実習謝金(管内消防) 1 救急救命士実習謝金(管内消防)
2 救命救急士実習謝金(府消防学校) 2 救命救急士実習謝金(府消防学校)
3 臨床治験研究受託費 3 臨床治験研究受託費
4 運営に伴う雑入 4 運営に伴う雑入
(公衆衛生研究所雑入計) 0   0
1 救命救急士実習謝金(管内消防) 1,170 1 救命救急士実習謝金(管内消防)
1,170,000= 1,170  
2 救命救急士実習謝金(府消防学校) 3,467 2 救命救急士実習謝金(府消防学校)
3,467,000= 3,467  
3 臨床治験研究受託費 3 臨床治験研究受託費
4 運営に伴う雑入 302 4 運営に伴う雑入
302,000= 302  
(中河内救命救急センター管理運営事業雑入計 4,939   0
(健康医療費雑入計) 4,939   0
目計 雑入 4,939   0
項計 雑入 4,939   0
款計 諸収入 4,939   0
合計 8,164   0
積算項目 中河内救命救急センター管理運営委託
施設管理委託事業名 中河内救命救急センター管理運営委託料
準義務的経費

要求額の内訳

公単区分

内示

調整要求

1 レジデント医師報酬 3,732千円 1 レジデント医師報酬
311,000円*3人*12月= 11,196  
 
(直近3ヵ年度平均は1名のため2名減)  
-311,000円*2人*12月= ▲7,464  
2 弁護士顧問料 2 弁護士顧問料
(報酬計) 3,732千円 (報酬計) 0千円
1 給料 337,482千円 1 給料
337,482,000円= 337,482  
(給料計) 337,482千円 (給料計) 0千円
1 管理職手当 1,300千円 1 管理職手当
108,300円*12月= 1,299  
(所長)  
(管理職手当計) 1,300千円 (管理職手当計) 0千円
1 初任給調整手当 26,933千円 1 初任給調整手当
2,993,800*12月= 35,925  
 
 府派遣職員分  
  -749,400*12月円= ▲8,992  
(初任給調整手当計) 26,933千円 (初任給調整手当計) 0千円
1 扶養手当 7,977千円 1 扶養手当
742,300円*12月= 8,907  
 
府派遣職員分  
            -77,600円*12月= ▲931  
(扶養手当計) 7,977千円 (扶養手当計) 0千円
1 地域手当 41,271千円 1 地域手当
(1)医師  
  給料+管理職手当+扶養手当  
  (6,269,575円+108,300円+268,400円)  
             *12月*0.15= 11,963  
 
(2)その他(医師以外)  
  給料+管理職手当+扶養手当  
   (23,732,125円+0円+473,900円)  
              *12月*0.11= 31,951  
 
(3)府派遣職員分(医師3名)  
    給料+管理職手当+扶養手当  
     -(11,21,000円+0円+53,600円)  
              *12月*0.15= ▲2,114  
 
府派遣職員分(看護師1名)  
    給料+管理職手当+扶養手当  
    -(378,200円+0円+24,000円)  
*12月*0.11= ▲530  
(調整手当計) 41,271千円 (調整手当計) 0千円
1 住居手当 12,518千円 1 住居手当
          1,043,100円*12月= 12,517  
 
            府派遣職員分  
                 0円=  
(住居手当計) 12,518千円 (住居手当計) 0千円
1 通勤手当 10,009千円 1 通勤手当
5,157,740円*2月= 10,315  
 
    府派遣職員分  
           -(153,130円*2月)= ▲306  
 
端数調整 -1,000円= ▲1  
(通勤手当計) 10,009千円 (通勤手当計) 0千円
1 放射線取扱手当 336千円 1 放射線取扱手当
7,000円*4人*12月= 336  
2 夜間診療業務手当 12,800千円 2 夜間診療業務手当
宿直 32,000円*1人*365日= 11,680  
日直 16,000円*1人*70日= 1,120  
3 夜間看護手当 24,393千円 3 夜間看護手当
準夜 2,900円*10人*365日= 10,585  
深夜 3,300円*10人*365日= 12,045  
オンコール 1,240円*140回(枠)*12月= 2,083  
 
・日勤 8:30〜17:00 8:30  
・準夜16:30〜 1:45 8:30  
・夜勤 0:00〜 8:30 8:30  
・オンコール勤務  
  →通常勤務時間以外に呼び出しにより  
1時間以上勤務を行った場合に支給  
 
府派遣職員分(1名)  
-(24,713,200円*1/77)= ▲320  
4 夜間特殊業務等手当 4 夜間特殊業務等手当
5 夜勤手当(医師) 10,108千円 5 夜勤手当(医師)
15,000円*2.4人*365日= 13,140  
 
府派遣職員分(3名)  
-(13,140,000円*3/13)= ▲3,032  
6 専門看護手当 168千円 6 専門看護手当
5,000円*12月*1名=(専門看護師) 60  
3,000円*12月*3名=(認定看護師) 108  
(特殊勤務手当計) 47,805千円 (特殊勤務手当計) 0千円
1 普通時間外 67,526千円 1 普通時間外
 (1)125/100  
2,765円*11H*103人*12月*0.9= 33,833  
    (2)135/100  
2,986円* 6H*103人*12月*0.9= 19,929  
    (3)125/100  
2,765円*22.5H*365日*0.9= 20,436  
 
府派遣職員分(4名)  
-(53,764,000円*3/101)= ▲1,596  
-(53,764,000円*1/101)= ▲532  
-(20,436,000円*1/11)= ▲1,857  
 
端数調整 -1,000円= ▲1  
 
査定調整  
-2,687,000円= ▲2,687  
2 オンコール 1,897千円 2 オンコール
2,369*150H(枠)*12月*0.9*0.5= 1,918  
 
     府派遣職員分(1名・看護師)  
         -(1,918,000円*1/89)= ▲21  
(89人;看護師+技師)  
 
端数調整 -1,000円= ▲1  
3 夜勤時間外(医師) 37,287千円 3 夜勤時間外(医師)
6,502円*4.5H*345日*2.4人=(休日外) 24,226  
7,802円*3.5H*345日*2.4人=(休日外) 22,610  
6,863円*4.5H*20日*2.4人=(休日) 1,482  
8,323円*3.5H*20日*2.4人=(休日) 1,398  
 
府派遣職員分(3名)  
-(49,714,000円*3/12)= ▲12,428  
 
端数調整-2,000円= ▲2  
4 夜勤時間外(看護師、技師) 4 夜勤時間外(看護師、技師)
  ※普通時間外に含む。  
(時間外勤務手当計) 106,710千円 (時間外勤務手当計) 0千円
1 休日勤務手当 21,098千円 1 休日勤務手当
2,559円*7.75H*49人*20日=(医師以外) 19,435  
6,863円*7.75H*2.4人*20日=(医師) 2,553  
 
  府派遣職員分(4名)  
看護師  
         -(19,435,000円*1/77)= ▲252  
医師  
         -(2,553,000円*3/12)= ▲638  
 
・年末年始 6日  
・祝日  14日  
(休日勤務手当計) 21,098千円 (休日勤務手当計) 0千円
1 夜間勤務手当 11,948千円 1 夜間勤務手当
ICU 2,369円*1/5*7H*8人*1/2*365日= 4,842  
病棟 2,369円*1/5*7H*12人*1/2*365日= 7,263  
 
     府派遣職員分(1名・看護師)  
-(12,105,000円*1/77)= ▲157  
 
端数調整 -1,000円= ▲1  
(夜間勤務手当計) 11,948千円 (夜間勤務手当計) 0千円
1 宿日直手当 19,293千円 1 宿日直手当
宿直 6,700円*6人*365日= 14,673  
日直 6,700円*6人*122日= 4,904  
日直 6,700円*1人*70日= 469  
 
府派遣職員分(4名)  
-(20,045,000円*(1/7*3/12+1/7*1/77))= ▲753  
 
端数調整 -1,000円= ▲1  
(宿日直手当計) 19,293千円 (宿日直手当計) 0千円
1 期末勤勉手当 135,331千円 1 期末勤勉手当
  (1) 6月支給 64,344千円   (1) 6月支給
68,065,034円= 68,065  
 
       府派遣職員分(4名)  
             -3,720,850円= ▲3,720  
 
端数調整 -1,000円= ▲1  
  (2) 12月支給 70,987千円   (2) 12月支給
74,996,095円= 74,996  
 
府派遣職員分(4名)  
      -4,008,474円= ▲4,008  
 
端数調整 -1,000円= ▲1  
(期末手当計) 135,331千円 (期末手当計) 0千円
1 退職手当 10,487千円 1 退職手当
291,279円*3年*0.6*20人= 10,486  
(退職手当計) 10,487千円 (退職手当計) 0千円
(職員手当等計) 452,680千円 (職員手当等計) 0千円
1 法定福利費 122,045千円 1 法定福利費 525千円
  (1) 労災保険料 1,875千円   (1) 労災保険料
910,491,000円*(2.04+0.02)/1000= 1,875  
H26.4改定  
 
端数調整 -1,000円= ▲1  
  (2) 雇用保険事業主負担金 6,875千円   (2) 雇用保険事業主負担金
808,887,000円*8.5/1,000= 6,875  
H26.4改定  
 
端数調整-1,000円= ▲1  
  (3) 健康保険事業主負担金 40,606千円   (3) 健康保険事業主負担金 121千円
808,887,000円*50.2/1,000= 40,606 808,887,000円*(50.35-50.2)/1,000= 121
H27.4改定  
端数調整 -1,000円= ▲1
端数調整 -1,000円= ▲1  
  (4) 厚生年金事業主負担金 68,452千円   (4) 厚生年金事業主負担金
808,887,000円*(90.91+89.14)/2/1,000= 72,820  
H27.9改定  
 
端数調整 -1,000円= ▲1  
査定調整  
-4,368,000= ▲4,368  
  (5) 児童手当拠出金 1,213千円   (5) 児童手当拠出金 404千円
808,887,000円*1.5/1,000= 1,213 808,887,000円*(2.0-1.5)/1,000= 404
H24.4改定  
端数調整-1,000円= ▲1
端数調整-1,000円= ▲1  
  (6) 介護保険事業主負担金 3,024千円   (6) 介護保険事業主負担金
382,803,000円*7.9/1,000= 3,024  
H27.4改定  
 
端数調整 -1,000円= ▲1  
  (7) 共済組合負担金   (7) 共済組合負担金
   <1> 短期負担(育休手当金等)    <1> 短期負担(育休手当金等)
   <2> 長期負担    <2> 長期負担
   <3> 児童手当拠出金    <3> 児童手当拠出金
   <4> 介護保険事業主負担金    <4> 介護保険事業主負担金
2 福利厚生費 2,018千円 2 福利厚生費
  (1) B型肝炎対策費   (1) B型肝炎対策費
   <1> ワクチン    <1> ワクチン
   <2> 検査    <2> 検査
  (2) 健康診断検査委託料 1,523千円   (2) 健康診断検査委託料
1,523,000円= 1,523  
  (3) 看護師福利厚生雑費 495千円   (3) 看護師福利厚生雑費
   <1> 家賃 495千円    <1> 家賃
495,000円= 495  
(一般職員分(人件費)計) 124,063千円 (一般職員分(人件費)計) 525千円
(一般職員分計) 124,063千円 (一般職員分計) 525千円
(共済費計) 124,063千円 (共済費計) 525千円
1 看護助手 11,758千円 1 看護助手
6,390円*5人*359日= 11,470  
6,390円*1.5*5人*6日= 287  
2 事務職員 2,174千円 2 事務職員
6,390円*2人*243日*0.7= 2,173  
3 薬剤師 1,774千円 3 薬剤師
7,300円*1人*243日= 1,773  
4 栄養士 1,553千円 4 栄養士
6,390円*1人*243日= 1,552  
5 放射線技師・検査技師・薬剤師宿
  日直
15,450千円 5 放射線技師・検査技師・薬剤師宿
  日直
宿  直 17,850円*  2人*359日= 12,816  
年末年始 17,850円*1.5*2人* 6日= 321  
日  直  8,925円*  2人*116日= 2,070  
年末年始 8,925円*1.5*3人* 6日= 240  
(賃金計) 32,709千円 (賃金計) 0千円
1 解剖供花料 1 解剖供花料
2 コンサルタント医師謝礼 12,607千円 2 コンサルタント医師謝礼
12,607,000円= 12,607  
3 非常勤医師当直謝礼 17,526千円 3 非常勤医師当直謝礼
  (1) 宿直 17,526千円   (1) 宿直
17,526,000円= 17,526  
  (2) 宿直(年末年始)   (2) 宿直(年末年始)
  (3) 日直   (3) 日直
  (4) 日直(年末年始)   (4) 日直(年末年始)
4 ドクターカーシステム運営会議謝礼 4 ドクターカーシステム運営会議謝礼
(報償費(補助費等)計) 30,133千円 (報償費(補助費等)計) 0千円
(報償費計) 30,133千円 (報償費計) 0千円
1 管内旅費 117千円 1 管内旅費
117,000円= 117  
2 管外旅費 2 管外旅費
(旅費計) 117千円 (旅費計) 0千円
1 一般事務費 8,367千円 1 一般事務費
8,367,000円= 8,367  
2 一般事務用印刷代 904千円 2 一般事務用印刷代
904,000円= 904  
3 調査研究費 5,694千円 3 調査研究費
  (1) 救命救急医療向上の調査費 5,694千円   (1) 救命救急医療向上の調査費
5,694,000= 5,694  
  (2) 救急救命士研究費   (2) 救急救命士研究費
  (3) 臨床治験受託経費   (3) 臨床治験受託経費
4 燃料費 4 燃料費
  (1) 重油代   (1) 重油代
5年毎(平成28年は18年目) 5年毎(平成28年は18年目)
5 ドクターカーシステム運営会議 5 ドクターカーシステム運営会議
(消耗需用費計) 14,965千円 (消耗需用費計) 0千円
1 光熱水費 76,015千円 1 光熱水費
78,295,000円= 78,295  
査定調整  
-2,280,000= ▲2,280  
2 機械機具修理代 45,262千円 2 機械機具修理代
45,262,000円= 45,262  
3 熱源コントローラ改修工事 3 熱源コントローラ改修工事
4 入退室管理システム更新工事 4 入退室管理システム更新工事
(維持需用費計) 121,277千円 (維持需用費計) 0千円
1 ドクターカーシステム運営会議 1 ドクターカーシステム運営会議
(会議需用費計) 0千円 (会議需用費計) 0千円
(需用費計) 136,242千円 (需用費計) 0千円
1 通信運搬費 1,610千円 1 通信運搬費
  (1) 電話代 1,610千円   (1) 電話代
1,610,000円= 1,610  
2 ドクターカー自動車電話 20千円 2 ドクターカー自動車電話
  (1) 電話代 20千円   (1) 電話代
20,000円= 20  
3 看護婦募集広告料 2,564千円 3 看護婦募集広告料
  (1) 新聞広告料 2,564千円   (1) 新聞広告料
2,564,000円= 2,564  
(その他の役務費計) 4,194千円 (その他の役務費計) 0千円
(役務費計) 4,194千円 (役務費計) 0千円
1 汚物及び廃棄物処理 7,536千円 1 汚物及び廃棄物処理
7,536,000円= 7,536  
2 院内消毒及び環境モニタリング 90千円 2 院内消毒及び環境モニタリング
90,000円= 90  
3 寝具等賃借委託 1,591千円 3 寝具等賃借委託
  (1) 基準寝具 946千円   (1) 基準寝具
946,000円= 946  
  (2) 基準病衣 388千円   (2) 基準病衣
388,000円= 388  
  (3) 職員用寝具 220千円   (3) 職員用寝具
220,000円= 220  
  (4) 面会者用予防衣 37千円   (4) 面会者用予防衣
37,000円= 37  
4 職員用被服賃借委託 4,818千円 4 職員用被服賃借委託
4,818,000円= 4,818  
( 医師、看護師、看護師(OP)、技師、  
  コンサルタント医師、看護助手)  
5 給食業務委託 8,760千円 5 給食業務委託
8,760,000円= 8,760  
6 医事請求・病歴事務・事務当直委
  託
23,520千円 6 医事請求・病歴事務・事務当直委
  託
23,520,000円= 23,520  
7 清掃・警備業務委託 9,948千円 7 清掃・警備業務委託
9,948,000円= 9,948  
8 設備管理業務委託 21,888千円 8 設備管理業務委託
21,888,000円= 21,888  
9 設備整備点検業務委託 174千円 9 設備整備点検業務委託
174,000円= 174  
10 放射線被曝量測定委託 489千円 10 放射線被曝量測定委託
489,000円= 489  
11 試験検査委託 2,690千円 11 試験検査委託
2,690,000円= 2,690  
12 放射線漏洩線量測定委託 100千円 12 放射線漏洩線量測定委託
100,000円= 100  
13 ドクターカー車両運行管理委託 17,472千円 13 ドクターカー車両運行管理委託
17,472,000円= 17,472  
14 切断手足臓器等処理委託 70千円 14 切断手足臓器等処理委託
70,000円= 70  
15 ボイラー検査委託 75千円 15 ボイラー検査委託
75,000円= 75  
16 ゴミ廃棄物収集委託 432千円 16 ゴミ廃棄物収集委託
432,000円= 432  
17 産業廃棄物収集業務委託 17 産業廃棄物収集業務委託
18 重油廃液処理・タンク清掃代委託 18 重油廃液処理・タンク清掃代委託
19 CT保守契約料 69,440千円 19 CT保守契約料
13,600,000円= 13,600  
 
その他委託(PACSシステム保守等)  
55,840,000円= 55,840  
20 経営分析委託料 20 経営分析委託料
21 電子カルテ保守 21 電子カルテ保守
(その他の委託料計) 169,093千円 (その他の委託料計) 0千円
(委託料計) 169,093千円 (委託料計) 0千円
1 自動車借上料 4,456千円 1 自動車借上料
  (1) 一般用 245千円   (1) 一般用
245,000円= 245  
  (2) 準夜看護婦送り用 4,211千円   (2) 準夜看護婦送り用
4,211,000円= 4,211  
  (3) オンコール用   (3) オンコール用
2 ポケットベル借上げ料 2 ポケットベル借上げ料
3 NHK放送受信料 1,763千円 3 NHK放送受信料
61,000円= 61  
 
医療機器レンタル料(備品故障時等)  
1,702,000円= 1,702  
(使用料及び賃借料計) 6,219千円 (使用料及び賃借料計) 0千円
1 薬品費 172,170千円 1 薬品費
  (1) 血液 38,281千円   (1) 血液
38,280,414円= 38,280  
  (2) 投薬・注射 85,994千円   (2) 投薬・注射
85,993,824円= 85,993  
  (3) 試薬 46,471千円   (3) 試薬
46,470,302円= 46,470  
  (4) 院内感染防止用消毒薬 1,424千円   (4) 院内感染防止用消毒薬
1,425,918円= 1,425  
 
端数調整 -2,000円= ▲2  
2 診療材料費 185,260千円 2 診療材料費
  (1) 医療ガス代 3,035千円   (1) 医療ガス代
3,034,646円= 3,034  
  (2) 衛生材料 182,226千円   (2) 衛生材料
182,225,008円= 182,225  
  (3) フィルム代 ▲1千円   (3) フィルム代
端数調整 -1,000円= ▲1  
3 給食材料費 8,190千円 3 給食材料費
8,189,888円= 8,189  
(原材料費計) 365,620千円 (原材料費計) 0千円
1 租税公課 94,804千円 1 租税公課 30千円
94,804,000円= 94,804 30,000円= 30
(公課費計) 94,804千円 (公課費計) 30千円
(合計) 1,757,088千円 (合計) 555千円


ここまで本文です。