令和2年度当初予算(政策的経費) 通常砂防費

管理事業名 :河川砂防事業 予算要求課 河川室
事業名 :通常砂防費(19963095) 予算計上課 河川室
款名・項名・目名 :都市整備費 河川海岸費 河川砂防費
(単位 千円)

事業概要                                                

目的                                                   内容                                                  
 「砂防法」に基づき、土石流等の土砂災害から人命、財                            1.通常砂防費(公共)                                        
 産を守る。                                                (1)砂防施設整備事業                                        
根拠法令                                                  【事業内容】大阪府内の土石流危険渓流に対し対策事業                          
 砂防法                                                        を行う。                                         
 【事業対象】大阪府内の土石流危険渓流                                 
 【事業実施箇所数】                                          
  H30年度23渓流(内概成数1渓流)                                
  R 1年度18渓流予定(内概成数2渓流)                              
  R 2年度22渓流予定(内概成数1渓流)                              
 【債務負担】《限度額》560,000千円                               
       《期 間》令和2年度〜令和4年度                             
       《目 的》出水期を避けて施工しなければ                          
            ならないため。                                 
 2.通常砂防費(単独)                                        
 (1)砂防施設整備事業                                        
 【事業内容】大阪府内の土石流危険渓流に対し対策事業                          
       を行う。                                         
 【事業対象】大阪府内の土石流危険渓流                                 
 【事業実施箇所数】H30年度2渓流                                  
          R 1年度4渓流予定                                
          R 2年度5渓流予定                                
 3.通常砂防費(国土強靭化)                                     
 (1)砂防施設整備事業                                        
 【事業内容】大阪府内の土石流危険渓流に対し対策事業                          
       を行う。                                         
 【事業対象】「防災・減災、国土強靭化のための3か年                          
        緊急対策の対象となっている大阪府内の                          
        土石流危険渓流」                                    
 【事業実施箇所数】                                          
  R 1年度5渓流予定                                        
  R 2年度3渓流予定                                        
                                                    
 【活動指標】                                             
    ・H30年度    整備率35.6%                              
    ・R 1年度   整備率35.7%                              
    ・R 2年度予定 整備率36.0%                               
 【成果指標】                                             
  未対策の土石危険渓流に砂防えん堤等の整備を実施                           
 【事業の自己評価】                                          
  成果指標である砂防堰堤等整備の進捗を示す活動指標                          
 であり、継続的な事業実施により、目標達成に寄与して                          
 いる。                                                
債務負担行為                                              
 ・事項                                                
  通常砂防事業                                            
 ・期間                                                
  令和 2年度〜令和 4年度                                     
 ・限度額(限度額文言)                                        
  560,000千円                                         

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初 1,601,091 739,000 779,000 0 83,091
要求額 1,253,091 571,000 579,000 0 103,091
査定額 1,253,091 571,000 579,000 0 103,091

要求額の内訳

査定額の内訳

1 通常砂防費(公共)                   851,000千円 要求どおり                         851,000千円
 (1) 砂防施設整備事業(公共)【建設】         851,000千円                               851,000千円
2 通常砂防費(単独)                   111,091千円 要求どおり                         111,091千円
 (1) 砂防施設整備事業(単独)【建設】         111,091千円                               111,091千円
3 通常砂防費(国土強靭化)                291,000千円 要求どおり                         291,000千円
 (1) 通常砂防費(公共)(国土強靭化)         291,000千円                               291,000千円

明細 通常砂防費(公共) 砂防施設整備事業(公共)【建設】(19963095-00010005)

明細 通常砂防費(単独) 砂防施設整備事業(単独)【建設】(19963095-00080035)

明細 通常砂防費(国土強靭化) 通常砂防費(公共)(国土強靭化)(19963095-04181062)

備考
債務負担行為有り


ここまで本文です。