令和2年度当初予算(政策的経費) 街路費

管理事業名 :道路事業 予算要求課 交通道路室
事業名 :街路費(19962778) 予算計上課 交通道路室
款名・項名・目名 :都市整備費 道路橋りょう費 道路橋りょう費
(単位 千円)

事業概要                                                

目的                                                   内容                                                  
 大阪府が策定した「大阪府交通道路マスタープラン」に                            ○交付金                                               
 基づき、総合的な交通政策推進のため、都市活動を支え                            1.街路事業(一般)                                         
 る交通基盤となる道路整備を行う。                                     【事業内容】都市部の現道拡幅事業・バイパス事業の実                          
       施。                                           
 【事業期間】期 間 令和2〜6年度                                  
       限度額 2,890,000千円                              
 【根拠法令】都市計画法59条2                                    
 【採択基準】社会資本整備総合交付金計画                                
 【主な路線】十三高槻線外                                       
 ○単独                                                
 1.街路事業(単独)                                         
 【事業内容】堺市からの受託事業及び、交付金事業執                           
       行による事務費                                      
 【事業期間】期 間 令和2〜3年度                                  
       限度額 55,000千円                                 
 ○活動指標                                              
 供用開始路線                                             
 平成28年度 約2.3km                                      
 (枚方藤阪線)                                            
 平成29年度 約0.4km                                      
 (池上下宮線)                                            
 平成30年度 約0.6km                                      
 (堺港大堀線)                                            
 令和1年度 約5.1km                                       
 (大阪瓢箪山線、大和川線、堺港大堀線)                                
 令和2年度 約0.6km                                       
 (豊中岸部線(岸部中工区)、大阪住道)                                
 ○成果指標                                              
 1.バイパスの整備、交差点改良などにより、交通流を                          
   円滑化し、地域経済の活性化を図る。                                
 2.幹線道路ネットワークの充実により、大型車交通の                          
   利便性が向上し、物流の効率化が図られる。                             
 3.アクセス利便性向上と”まち”の魅力向上により地                          
   域交流が拡大する。                                        
債務負担行為                                              
 ・事項                                                
  令和2年度 街路事業                                        
 ・期間                                                
  令和 2年度〜令和 6年度                                     
 ・限度額(限度額文言)                                        
  2,945,000千円                                       

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初 14,946,836 4,058,383 5,188,000 5,565,789 134,664
要求額 7,410,294 3,113,271 3,239,000 654,805 403,218
査定額 7,410,294 3,113,271 3,239,000 654,805 403,218

要求額の内訳

査定額の内訳

1 公共                          5,108,980千円 要求どおり                         5,108,980千円
 (1) 街路費(交付金)                 5,108,980千円                               5,108,980千円
2 単独                          1,852,426千円 要求どおり                         1,852,426千円
 (1) 街路費(単独)                  1,255,041千円                               1,255,041千円
 (2) 街路費(単独)人件費               433,200千円                               433,200千円
 (3) 国庫返納(単独)                 4,185千円                               4,185千円
 (4) 負担金事業【建設】                160,000千円                               160,000千円
3 街路費(国土強靭化)                  448,888千円 要求どおり                         448,888千円
 (1) 街路費(国土強靭化)               448,888千円                               448,888千円

明細 公共 街路費(交付金)(19962778-00010006)

明細 単独 街路費(単独)(19962778-00040027)

明細 単独 街路費(単独)人件費(19962778-00040028)

明細 単独 国庫返納(単独)(19962778-00040053)

明細 単独 負担金事業【建設】(19962778-00040605)

明細 街路費(国土強靭化) 街路費(国土強靭化)(19962778-04141057)

備考
債務負担行為有り


ここまで本文です。