令和2年度当初予算(政策的経費) 消費者行政推進事業費

管理事業名 :消費者対策事業 予算要求課 消費生活センター
事業名 :消費者行政推進事業費(20151922) 予算計上課 府民文化総務課
款名・項名・目名 :総務費 府民文化費 消費者対策費
(単位 千円)

事業概要                                                

目的                                                   内容                                                  
  この事業は、市町村等における消費生活相談体制の機                            《活動指標・成果指標》                                        
 能強化(消費生活センター化や相談窓口の充実、消費生                             【活動指標】                                            
 活相談員の確保や処遇改善、消費生活相談の質の向上を                               ○府内市町村相談員総括者研修                                  
 図るための取組等)を図るとともに、特に配慮を要する                                平成30年度 261名                                    
 消費者である若者及び高齢者に対し重点的に教育・啓発                                令和元年度 270名(見込み)                                
 を実施し、喫緊の課題を解決し、安全・安心な消費生活                                令和2年度 270名(見込み)                                
 の実現、消費者市民社会の構築を実現することを目的と                               ○大阪府消費者行政推進事業補助金額                               
 する。                                                      平成30年度 143,491千円                               
根拠法令                                                      令和元年度  96,753千円(見込み)                           
 大阪府補助金交付規則                                            令和2年度 91,850千円(見込み)                      
 地方消費者行政推進交付金交付要綱                                        ○大阪府消費者行政強化事業補助金額                               
 地方消費者行政推進事業実施要領                                          平成30年度 1,003千円                                 
 地方消費者行政活性化基金管理運営要領                                    令和元年度 2,157千円(見込み)                         
 大阪府消費者行政活性化基金条例 他                                     令和2年度 2,157千円(見込み)                         
  【成果指標】                                            
    ○消費生活相談窓口の対応(日数・時間等)を拡                          
     充した市町村数                                        
     平成30年度 時間増 2市                                  
     令和元年度 なし                                       
     令和2年度 時間増 1市(見込み)                              
    ○市町村において継続して大阪府消費者行政推進                          
     事業補助金を活用する啓発・教育事業                              
     令和元年度  67件(見込み)                                
     令和2年度  80件(見込み)                                
  【自己評価】                                            
    ○成果指標の進捗に影響を与える活動指標であり                          
     、継続的な市町村支援により、市町村における                          
     消費者相談体制の強化及び消費者の安全・安心                          
     を確保するための取組の充実という目標達成に                          
     寄与している。                                        

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初 140,575 132,411 0 6,817 1,347
要求額 118,002 116,667 0 0 1,335

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

消費者行政活性化基金繰入金 消費者行政活性化基金繰入金 消費者対策事業基金繰入金 0
利子及び配当金 利子及び配当金 消費者対策事業利子 0
総務費国庫補助金 府民文化費補助金 消費者対策事業補助金 116,667

要求額の内訳

査定額の内訳

1 消費者行政推進事業                   111,989千円  
 (1) 市町村機能体制強化支援事業            80,807千円  
 (2) 消費生活センター高度化・専門化事        
    業        
1,301千円  
 
 (3) 若者向け消費者教育・啓発事業           9,644千円  
 (4) 高齢者被害対策強化事業              19,545千円  
 (5) 事業者指導推進事業                692千円  
2 消費者行政強化事業                   6,013千円  
 (1) 市町村消費者行政強化支援事業           3,343千円  
 (2) 成年年齢引下げに伴う集中啓発事業         2,670千円  

明細 消費者行政推進事業 市町村機能体制強化支援事業(20151922-00020001)

明細 消費者行政推進事業 消費生活センター高度化・専門化事業(20151922-00020002)

明細 消費者行政推進事業 若者向け消費者教育・啓発事業(20151922-00020003)

明細 消費者行政推進事業 高齢者被害対策強化事業(20151922-00020004)

明細 消費者行政推進事業 事業者指導推進事業(20151922-00020005)

明細 消費者行政強化事業 市町村消費者行政強化支援事業(20151922-00040010)

明細 消費者行政強化事業 成年年齢引下げに伴う集中啓発事業(20151922-00040495)



ここまで本文です。