令和2年度当初予算(最終調整) 交通安全施設等整備費

管理事業名 :道路事業 予算要求課 交通道路室
事業名 :交通安全施設等整備費(20071073) 予算計上課 交通道路室
款名・項名・目名 :都市整備費 道路橋りょう費 道路橋りょう費
(単位 千円)

事業概要                                                

目的                                                   内容                                                  
 仮置き節の節割入力に伴う調整(政策的経費)                                1.交通安全施設等整備事業                                      
根拠法令                                                  【事業内容】                                             
 交通安全施設等整備事業の推進に関する法律                                 1)通学路や事故危険箇所等、緊急性の高い道路におけ                          
 高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律                            る歩道設置                                              
 交通安全対策特別交付金等に関する政令                                   2)交通流改善を図ることにより、交通事故減少に繋が                          
 る交差点改良                                             
 3)バリアフリー法に定められた道路における、歩道の                          
 段差・勾配・幅員等の基準に満たない箇所の改善                             
 【主な路線】(旧)大阪中央環状線、大阪高槻京都線など                         
 【補助率】5.5/10、5.0/10                                 
 【公共採択条件】交通安全施設等整備事業の推進に関す                          
 る法律に指定されている路線                                      
 〔一部債務負担行為有〕                                        
 期間:令和2年度〜令和4年度/限度額:1,463,000千円                     
 2.交通安全施設等整備事業【単独】                                  
 【事業内容】                                             
 1)狭隘な道路における歩行空間の確保                                 
 2)バリアフリー法の基準に満たない歩道の段差・勾配                          
 ・幅員等の改善                                            
 3)交通流改善を図ることにより、交通事故減少に繋が                          
 る交差点改良                                             
 4)その他照明灯や大型標識等道路付属施設の設置                            
 【主な路線】(旧)170号、八尾茨木線など                              
 〔一部債務負担行為有〕                                        
 期間:令和2〜令和3年度/限度額:490,000千円                         
 3.道路照明柱・標識柱更新事業                                    
 【事業内容】道路施設の効率的・効果的な維持管理を推                          
 進するために、道路施設の計画的な更新を行う。                             
 ○活動指標                                              
 ・平成30年度実績:堺大和高田線(L=0.1km)ほか                        
 ・平成31年度見込:(旧)170号(L=0.1km)ほか                       
          照明柱・標識柱 236本                              
 ・令和2年度予定:大阪中央環状線(L=0.1km)ほか                        
          照明柱・標識柱 239本                              
 ○成果指標                                              
 ・歩道未整備区間における歩道整備による歩行者の安全                          
 確保                                                 
 ・交差点改良等の事故対策による交通事故の減少                             
 ・バリアフリー化推進による誰もが安全、安心に通行で                          
 きる歩行空間の確保                                          
 ・老朽化した照明柱及び標識柱の計画的な更新を実施し                          
 て倒壊等の事故を防ぐことで、利用者の安全安心の確保                          
 ○自己評価                                              
 成果指標の進捗管理のために必要となる活動指標であり                          
 、継続的な交通安全施設等整備を行うことにより、目標                          
 達成に寄与している。                                         
                                                    
 【部長復要求理由】                                          
  広域的な自転車通行環境の形成に必要となる道路現況                          
 等調査や整備内容検討等の実施のため、必要額を要求す                          
 るもの。                                               
                                                    
 【部長後調整理由】                                          
  特別債の充当による財源調整                                     

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初 3,495,103 1,124,370 1,329,000 146,700 895,033
要求額 3,914,085 930,666 1,763,000 227,000 993,419
内示額 3,928,550 930,666 1,886,000 227,000 884,884
調整要求額(最終) ▲54,919 0 0 0 ▲54,919
査定額 ▲54,919 0 0 0 ▲54,919

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

都市整備受託事業収入 道路橋りょう受託事業収入 道路事業受託金 0 0
都市整備費負担金 道路橋りょう費負担金 道路事業負担金 0 0
都市整備債 道路橋りょう債 道路事業債 0 0
都市整備費国庫補助金 道路橋りょう費補助金 道路事業補助金 0 0

要求額の内訳

査定額の内訳

1 節割入力後細事業                    ▲54,919 千円 要求どおり                         ▲54,919 千円
 (1) 節割入力後細々事業(準義務)           ▲54,919 千円                               ▲54,919 千円

明細 節割入力後細事業 節割入力後細々事業(準義務)(20071073-05180855)



ここまで本文です。