ホーム > 予算編成過程公表トップ > 令和2年度当初予算部長後調整 > 一般会計  > 上方演芸資料館管理運営費:宿泊税(一部)

令和2年度当初予算(部長後調整要求) 上方演芸資料館管理運営費:宿泊税(一部)

管理事業名 :上方演芸資料館管理運営事業 予算要求課 文化・スポーツ室
事業名 :上方演芸資料館管理運営費:宿泊税(一部)(19963186) 予算計上課 文化・スポーツ室
款名・項名・目名 :総務費 府民文化費 文化振興費
(単位 千円)

事業概要                                                

目的                                                   内容                                                  
 上方演芸の保存と振興を図るため、全国で唯一の演芸資                            ≪事業内容≫                                             
 料館である上方演芸資料館(愛称「ワッハ上方」)の管                            ○上方演芸資料館の運営(資料の収集・保存、活用)                           
 理運営を行う。                                              ○資料展示・体験事業の実施(常設、企画展示の実施、                          
 また、これまで大阪が培ってきた「笑い」の魅力を、国                            ワークショップ等の開催、体験型コンテンツの運営)                           
 内外の観光客にも上方演芸に触れ、楽しみ、その魅力を                                                                               
 体験できる施設として運営する。                                      ≪事業目的≫                                             
                                                      ○府民はもとより、国内外の観光客にも上方演芸の魅力                          
 <宿泊税充当事業(一部)>                                        を体験してもらい、新たな大阪の文化創造につなげてい                          
開始終了年度                                                く。                                                 
 平成 8年度〜                                              ○上方演芸に関する資料の収集・保存、活用                               
根拠法令                                                                                                     
 大阪府立上方演芸資料館条例                                        (参考:演芸ライブラリー入場者数)                                  
 ・H26 20,195人                                      
 ・H27 19,566人                                       
 ・H28 14,888人                                       
 ・H29 14,096人                                       
 ・H30  7,567人                                       
 ・R1  22,505人※(平成31年4月24日から令和元年10月                  
 31日)                                               
                                                    
 【成果指標】                                             
 @ 資料整理・活用の充実度                                      
 ・未登録資料等の資料整理                                       
 ・資料を活用した展示会の開催                                     
                                                    
 (今後の予定)                                            
 ・資料整理の完了を目指す。                                      
                                                    
 A 入館者数                                             
 (令和元年度目標)50,000人                                   
                                                    
 【活動指標】                                             
 資料整理の処理件数                                          
                                                    
 【自己評価】                                             
  ワッハ上方の管理運営を適切に行いつつ、常設・企画                          
 企画展示を実施したほか、ワークショップ等のイベント                          
 を開催し、上方演芸の発信に努めた。                                  
 今後、引き続き、未登録資料についても整理を行い、成                          
 果指標の達成につなげる。                                       
                                                    
 【部長後調整要求理由】                                        
  嘱託員の報酬月額の変更に伴う所要額の要求                              

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初 73,804 0 0 0 73,804
要求額 70,450 0 0 0 70,450
内示額 71,269 0 0 0 71,269
調整要求額(部長後) 143 0 0 0 143
査定額 143 0 0 0 143

要求額の内訳

査定額の内訳

1 上方演芸資料館運営費                  143千円 要求どおり                         143千円
 (1) 管理運営費                    143千円                               143千円

明細 上方演芸資料館運営費 管理運営費(19963186-00010003)



ここまで本文です。