令和2年度当初予算(課長後調整要求) 特別児童扶養手当支給事業費

管理事業名 :母子福祉事業 予算要求課 子ども室
事業名 :特別児童扶養手当支給事業費(19964523) 予算計上課 子ども室
款名・項名・目名 :福祉費 児童福祉費 母子福祉費
(単位 千円)

事業概要                                                

目的                                                   内容                                                  
  精神又は身体に障がいを有する児童を監護する父母等                             特別児童扶養手当等の支給に関する法律にもとづく                           
 に対して特別児童扶養手当を支給し、これらの者の福祉                            受給資格認定事務及び市町村指導監査事務に要する経費                          
 の増進を図ることを目的とする。                                      【特別児童扶養手当の概要】                                      
開始終了年度                                                支給対象:20歳未満で政令で定める程度の障がいの状態                         
 昭和39年度〜                                              にある者を監護する父母又は養育者                                   
根拠法令                                                  支給月額:1級52,200円、2級34,770円 所得制限あり                    
 特別児童扶養手当等の支給に関する法律                                   支給方法:4,8月に前月分まで、11月に当月分まで、                         
 各4か月分を支給                                           
 費用負担:全額国庫負担                                        
                                                    
  (活動指標)                                            
    受給者数(政令市含まず)                                    
     平成30年度 12,886人                                 
     令和元年度  13,273人                                 
     令和2年度  13,671人                                 
 【課長後調整要求理由】                                        
  非常勤職員制度改正に伴う期末手当支給に要する事                           
 務経費を要求する。                                          

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初 23,995 23,995 0 0 0
要求額 24,695 24,695 0 0 0
内示額 24,695 24,695 0 0 0
調整要求額(課長後) 1,187 1,187 0 0 0
査定額 1,187 1,187 0 0 0

要求額の内訳

査定額の内訳

1 特別児童扶養手当支給事業費               1,187千円 要求どおり                         1,187千円
 (1) 特別児童扶養手当支給事業費(経常        
    的経費)        
1,187千円                              
                             
1,187千円

明細 特別児童扶養手当支給事業費 特別児童扶養手当支給事業費(経常的経費)(19964523-00010001)



ここまで本文です。