平成31年度当初予算(部長後調整要求) 企画調整費

管理事業名 :企画調整事業 予算要求課 企画室
事業名 :企画調整費(19960716) 予算計上課 企画室
款名・項名・目名 :総務費 政策企画費 計画調査費
(単位 千円)

事業概要                                                

目的                                                   内容                                                  
  企画室の分掌事務は、府各部局の行う事業と密接な関                            <事業内容>                                             
 連を有し、また中央省庁、都道府県、府内市町村、その                            ○ 府政の重要政策課題等について、戦略本部会議等を                          
 他関係機関等あらゆる部門の行う事業にも関連するため                            通じ、総合的な企画及び関係部局間の調整などを行い、                          
 、これら輻輳する事業を総合的見地から協議・調整し、                            その実現や方向付けを行う。また、府政の重要事項等を                          
 均衡のとれた適正な行政の運営を期する。                                  円滑に推進するため、経済団体との連絡調整や代表者レ                          
 ベルの意見交換を行う。                                        
 ○ 将来ビジョン・大阪の実現に向け、成長戦略や人口                          
 減少社会への対応等、府政の中長期的な課題についての                          
 総合的な企画・調整を行う。                                      
 ○ 各年度ごとの府の政策課題や予算編成、組織人員体                          
 制などの運営方針である「府政運営基本方針」の策定を                          
 はじめ、各部局において目標設定される部局運営方針・                          
 重点政策推進方針作成にかかる調整を行う。                               
                                                    
                                                    
 <予算内容>                                             
  ・各省庁、関係機関等との連絡調整旅費                                
  ・情報収集、資料作成等にかかる一般事務経費                             
                                                    
 <調整内容>                                             
    ・非常勤職員の社会保険料等の改定に係る調整                           

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初 13,738 0 0 268 13,470
要求額 14,276 0 0 270 14,006
内示額 14,276 0 0 270 14,006
調整要求額(部長後) 0 0 0 0 0
査定額 0 0 0 0 0

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

雑入 総務費雑入 企画調整事業雑入 0 0

要求額の内訳

査定額の内訳

1 企画調整費                       0千円 要求どおり                         0千円
 (1) 企画調整費                    0千円                               0千円

明細 企画調整費 企画調整費(19960716-00010001)



ここまで本文です。