平成31年度当初予算(部長復活要求) 災害時多言語支援事業費

管理事業名 :国際交流推進事業 予算要求課 国際課
事業名 :災害時多言語支援事業費(20190005) 予算計上課 都市魅力創造局
款名・項名・目名 :総務費 府民文化費 国際交流費
(単位 千円)

事業概要                                                

目的                                                   内容                                                  
 災害時において、府と公益財団法人大阪府国際交流財団                            ・府域の外国人に対して必要な災害情報を即座に多言語                          
 (以下「OFIX」とする)が共同で設置する災害時多言語                          化し、的確に伝える「災害多言語支援センターウェブサ                          
 支援センターの情報発信機能を大幅に強化し、増加する                            イト(仮称)」「災害情報発信アプリ(仮称)」の開発                          
 訪日外国人が必要とする情報を「迅速」「的確」かつ「                            及び管理・運営をOFIXに委託。                                   
 分かりやすく」手元に届けるための取組みを実施                               また、OFIXに設置する災害多言語支援センターを常設化                        
開始終了年度                                                し、通常時は災害ボランティアの養成研修を実施できる                          
 平成31年度〜                                              体制を確保。                                             
 ・交通・宿泊関連事業者等に対し、災害時に外国人への                          
 多言語対応が適切にできるよう、外国人ボランティアを                          
 活用した実践的な講座をOFIXに委託して実施。                            
 【活動指標・成果指標】                                        
 「WEBサイトと災害アプリ」                                     
  ・活動指標 啓発カードの配付(企画・観光課事業)                          
  ・成果指標 災害ウェブサイトの閲覧数                                
        3万件/年(災害発生時 100万件/年)                        
        アプリダウンロード数                                  
        1,100万件/年(年間来阪外客数)                         
 「センター常設化」                                          
  ・活動指標 災害多言語ボランティアの訓練                              
  ・成果指標 災害多言語ボランティア新規登録数30名                         
 「災害対応講座」                                           
  ・活動指標 多言語対応講座の開催                                  
  ・成果指標 受講内容を事業者が実践した割合 80%                         
        ※受講後の事業者アンケートや現場確認                          
         にて確認                                       
                                                    
 【部長復活要求理由】                                         
  内容の変更点(部長復活要求時点)                                  
 【活動指標・成果指標】                                        
 「WEBサイトと災害アプリ」                                     
  ・活動指標 啓発カードの配付(企画・観光課事業)                          
  ・成果指標 災害ウェブサイトの閲覧数                                
        3万件/年(災害発生時 100万件/年)                        
        アプリダウンロード数                                  
        1,100万件/年(年間来阪外客数)                         
 「災害対応講座」                                           
  ・活動指標 多言語対応講座の開催                                  
  ・成果指標 受講内容を事業者が実践した割合 80%                         
        ※受講後の事業者アンケートや現場確認                          
         にて確認                                       
債務負担行為                                              
 ・事項                                                
  災害時多言語情報発信基盤整備事業委託料                               
 ・期間                                                
  平成31年度〜平成35年度                                     
 ・限度額(限度額文言)                                        
  51,972千円                                          

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初 0 0 0 0 0
要求額 72,961 0 0 0 72,961
内示額 2,367 0 0 0 2,367
復活要求額(部長) 70,319 0 0 0 70,319
査定額 68,553 0 0 0 68,553

要求額の内訳

査定額の内訳

1 災害時多言語情報発信基盤整備事業            70,319千円                               68,553千円
 (1) 災害時多言語情報発信基盤整備事業        
。。
70,319千円                              
 ○経費の精査 ○災害時において事業目的を達成できる   
68,553千円
   よう、平時からOFIXや大阪観光局その他関係者との   
   関係構築に努めること。                 
2 事業者向け災害対応講座                 0千円                               0千円
 (1) 事業者向け災害対応講座              0千円                               0千円

明細 災害時多言語情報発信基盤整備事業 災害時多言語情報発信基盤整備事業(20190005-00490093)

明細 事業者向け災害対応講座 事業者向け災害対応講座(20190005-00500095)

備考
債務負担行為有り


ここまで本文です。