平成31年度当初予算(義務的経費) 行旅死亡人取扱費

管理事業名 :社会援護事業 予算要求課 社会援護課
事業名 :行旅死亡人取扱費(19964091) 予算計上課 地域福祉推進室
款名・項名・目名 :福祉費 社会福祉費 社会福祉総務費
(単位 千円)

事業概要                                                

目的                                                   内容                                                  
  行旅病人及び行旅死亡人が発生したとき、その所在地                            《行旅病人》                                             
 の市町村が病人を救護し、又は、死体の埋葬等に要した                             ○対象者                                              
 経費の不足する部分について府が弁償する。                                    行旅中に、病気等で歩行困難となり、入院治療を                          
開始終了年度                                                  要する状態に陥りながら、療養の途を有しない者。                          
 平成 5年度〜                                                ただし、生活保護法による保護を受けられる者を除                          
根拠法令                                                    く。                                               
 行旅病人及び行旅死亡人取扱法                                         ・行旅病人の救護の責任を負うのは、救護を要する                          
 行旅病人死亡人等ノ引取及費用弁償ニ関スル件                                   状態にある行旅病人の所在地を管轄する市町村で                          
 墓地、埋葬等に関する法律                                            ある。                                             
   ・救護に要する費用は、市町村が繰替支弁を行う。                          
   ・救護に要した費用は被救護者あるいは扶養義務者                          
    の負担となる。                                         
   ・費用の弁済が得られないとき市町村(政令市・中                          
    核市を除く)は、その費用を四半期ごとに取りま                          
    とめて大阪府に請求する。                                    
 《行旅死亡人》                                            
  ○対象者                                              
   (1)旅行中に死亡し、引取者のない者。                              
   (2)住所、居所若しくは氏名が知れずかつ引取者                          
    のない死亡人。                                         
   ・行旅死亡人が発生したときは、その発生した所在                          
    地の市町村が、本人の認識に必要な事項を記録の                          
    上、その後当該死体の埋葬又は火葬を行う。                            
     行旅死亡人取扱い費用の負担は、まず死亡人の                          
    遺留金銭等をもってこれに充て、不足が生じたと                          
    きは相続人の負担となる。                                    
     当該相続人からの弁済が得られないときは、死                          
    亡人の扶養義務者がその負担することとなる。                           
     行旅死亡人取扱い費用の弁済に不足が生じると                          
    きは、大阪府がその不足する額を弁済する。                            
   ・死体の埋葬又は火葬を行う者がないとき又は判明                          
    しないときは、死亡地の市町村長がこれを行う。                          
    この場合の費用に関しては、行旅病人及び行旅死                          
    亡人取扱法の規定を準用する。                                  

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初 4,242 0 0 0 4,242
要求額 4,360 0 0 0 4,360
査定額 4,360 0 0 0 4,360

要求額の内訳

査定額の内訳

1 行旅死亡人取扱費                    4,360千円 要求どおり                         4,360千円
 (1) 取扱費                      4,360千円                               4,360千円

明細 行旅死亡人取扱費 取扱費(19964091-00010003)



ここまで本文です。