平成30年度当初予算(課長後調整要求) 認知症疾患医療センター運営事業費()

管理事業名 :精神保健対策事業 予算要求課 地域保健課
事業名 :認知症疾患医療センター運営事業費()(20082613) 予算計上課 地域保健課
款名・項名・目名 :健康医療費 公衆衛生費 精神衛生費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
  鑑別診断や急性期対応等認知症疾患にかかる医療や、  (1)認知症疾患医療連携協議会の運営
 医療と福祉の連携なども踏まえ、「認知症疾患医療セン  【事業内容】
 ター」運営事業を実施し、これを運営する精神科病院等   地域における認知症疾患に対する医療・介護の連携を
 に対し運営費を補助するとともに、「認知症医療連携協  促進するための連携協議会を運営する。
 議会」を設置し、各センターにおける地域連携体制構築  【参加者】
 の支援を行う。   認知症の医療・介護に関連する団体(医師会・地域保
開始終了年度  包括等)および行政
 平成20年度〜  【負担割合】
根拠法令   国庫 1/2、都道府県 1/2
 認知症疾患医療センター運営事業実施要綱  【活動指標】
 ふれあいおおさか高齢者計画2015   連携を図るための会議を開催
 【成果指標】
  各センターが所管する圏域における連携体制の構築を
 推進する。
 (2)認知症疾患医療センターの運営補助
 【事業内容】
  認知症疾患に関する鑑別診断、周辺症状と身体合併症
 に対する急性期医療専門相談を実施するとともに、地域
 の保健医療・介護関係者への研修・連携を行う。
 【対  象】
  認知症及び認知症の疑いのある方
  患者家族等
 【事業主体】
  都道府県
 【対象施設】
  大阪府内にある知事が指定した病院(6ヶ所)
 【負担割合】
  国庫 1/2、都道府県 1/2
 【活動指標】
  鑑別診断や急性期対応等認知症疾患にかかる医療と福
 祉の連携なども踏まえ、運営費を補助
 【成果指標】
  各センターが所管する圏域において、鑑別診断や急性
 期対応等を円滑に行うことができる体制を整備
 【調整要求理由】
  節の修正

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 21,912 10,912 0 0 11,000
要求額 21,906 10,912 0 0 10,994
内示額 21,906 10,910 0 0 10,996
調整要求額(課長後) 0 0 0 0 0
査定額 0 0 0 0 0

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

健康医療費国庫補助金 公衆衛生費補助金 精神保健対策事業補助金 0 0

要求額の内訳

査定額の内訳

1 認知症疾患医療センター運営事業 0千円   0千円
  (1) 認知症疾患医療センター運営事業費(
    公共)
0千円 要求どおり
。。
0千円

明細 認知症疾患医療センター運営事業 認知症疾患医療センター運営事業費(公共)(20082613-00010001)



ここまで本文です。