ホーム > 予算編成過程公表トップ > 平成29年度当初予算通常(政策的経費) > 一般会計  > 地域医療介護総合確保基金事業費(地域福祉事業)

平成29年度当初予算(政策的経費) 地域医療介護総合確保基金事業費(地域福祉事業)

管理事業名 :地域福祉事業 予算要求課 地域福祉課
事業名 :地域医療介護総合確保基金事業費(地域福祉事業)(20120650) 予算計上課 地域福祉推進室
款名・項名・目名 :福祉費 社会福祉費 社会福祉総務費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
  介護人材の確保は、高齢化に伴う福祉ニーズの拡大に  1介護人材確保・職場定着支援事業
 伴い、喫緊の課題であり、入職率・離職率が高いこと、  【事業内容】
 給与水準が相対的に低いことなどが指摘されている。ま   ・介護人材の確保及び育成
 た、昨今の経済情勢を反映し、介護分野における有効求  【活動指標】
 人倍率は他の産業を大きく上回る水準で推移するなど、   1マッチング力の向上事業
 人材確保が困難な状況が続いているため、当面の人材確    ●地域関係機関との連携
 保を支援するとともに、将来的な人材確保に繋げていく    ・ハローワーク等との連携によるセミナーの開催等
 事業を実施する。     H27年度:39回、H28年度:39回
  国から示された需給推計ツールにより算出した需要    ●一般学生へのアプローチ強化
 を充たす人員(平成29年度に169,000人確保)    ・一般校での就職ガイダンス
  【目標】平成28年度事業取組による就業者数:3,2     H27年度:10校、H28年度:10校
 00人    ●資格取得者等への働きかけ
開始終了年度    ・初任者研修養成施設等への就職ガイダンス
 平成27年度〜     H27年度:150事業所、H28年度:150事業所
根拠法令   2参入促進・魅力発信事業
 地域における医療及び介護の総合的な確保の促進に関    ・職場体験(体験日数)
 する法律     H27年度:2800日、H28年度2400日
 地域における医療及び介護の総合的に確保するための   3職員の資質向上・職場定着事業
 基本的な方針     H27年度:200事業所、H28年度:200事業所
 (厚生省告示354号)  【成果指標】
 地域医療介護総合確保基金   ・人材センターでの取組による就業者数(推計)
   H27年度:3200人、H28年度:3200人
 2権利擁護人材育成事業
 【事業内容】
  ・市民後見人の養成等に係る研修及び権利擁護人材の
  資質向上
 3介護人材確保対策事業
 【事業内容】
  ・介護人材確保に資する事業を実施
 4介護情報・研修センター事業
 【事業内容】
  ・介護・福祉等の専門委員や市町村職員を対象に良質
  な介護サービスを提供することができる質の高い人材
  を安定的に確保・育成
 5介護職員初任者研修受講支援事業
 【事業内容】
  ・介護職員初任者研修の受講を支援することにより、
  介護従事者のすそ野を広げる
 【成果指標】
  ・介護職員初任者研修受講者数
   H25年度:18,302人、H26年度:11,019人、
   H27年度:10,349人

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 449,809 0 0 449,809 0
要求額 537,729 0 0 537,729 0
査定額 261,463 0 0 261,463 0

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

地域医療介護総合確保基金繰入金 地域医療介護総合確保基金繰入金 地域福祉事業基金繰入金 537,729 261,463

要求額の内訳

査定額の内訳

1 介護人材確保・職場定着支援事業 493,025千円   216,759千円
  (1) マッチング力の向上事業 93,672千円   90,624千円
   ○実績により所要額を精査。
   ○合同面接会は、効率的な手法で実施すること。
  (2) 参入促進・魅力発信事業 18,330千円   14,598千円
   ○実績により所要額を精査。
   ○将来の担い手づくり事業については、他の参入促進・
   魅力発信事業や府政学習会等府既存のツールを活用し実
   施すること。
   ○高校生向けセミナーは、効果的な手法で実施すること
  (3) 介護職員初任者研修受講支援事業 205,170千円   29,558千円
   ○実績により所要額や補助原資を精査。
   ○同事業は平成29年度をもって終了する。
  (4) 介護福祉士の魅力発信事業 14,923千円 0査定 0千円
   ○介護福祉士の魅力を高めることにどこまで府が関与す
   べきかについて整理を行うこと。
   ○介護福祉士の魅力を高める手法として、作成したDV
   D等を活用し、養成施設への補助を通して府内中高生に
   発信する手法が妥当かつ効果的か不明確。
  (5) ボランティアCとシルバー人材C等との
    連携強
201千円 0査定
。。
0千円
   ○各団体が自主的に連携すること。
  (6) 代替職員確保による実務者研修支援事
    業
140,831千円  
 
62,081千円
   ○研修の受講形態を考慮し、所要額(期間)を精査。
  (7) 職員の資質向上・職場定着支援事業 19,898千円 要求どおり 19,898千円
2 権利擁護人材育成事業
。。
32,710千円 。。
 ○基金の範囲内で実施すること。
32,710千円
  (1) 権利擁護人材育成事業 26,800千円 要求どおり 26,800千円
  (2) 地域福祉スーパーバイズ事業 5,910千円 要求どおり 5,910千円
3 介護情報・研修センター事業
。。
11,994千円 要求どおり
 ○基金の範囲内で実施すること。
11,994千円
  (1) 介護情報・研修センター事業 11,994千円   11,994千円

明細 介護人材確保・職場定着支援事業 参入促進・魅力発信事業(20120650-00010001)

明細 介護人材確保・職場定着支援事業 マッチング力の向上事業(20120650-00010002)

明細 介護人材確保・職場定着支援事業 職員の資質向上・職場定着支援事業(20120650-00010003)

明細 介護人材確保・職場定着支援事業 ボランティアCとシルバー人材C等との連携強(20120650-00010018)

明細 介護人材確保・職場定着支援事業 代替職員確保による実務者研修支援事業(20120650-00010023)

明細 介護人材確保・職場定着支援事業 介護福祉士の魅力発信事業(20120650-00010024)

明細 介護人材確保・職場定着支援事業 介護職員初任者研修受講支援事業(20120650-00010029)

明細 権利擁護人材育成事業 権利擁護人材育成事業(20120650-00020008)

明細 権利擁護人材育成事業 地域福祉スーパーバイズ事業(20120650-00020016)

明細 介護情報・研修センター事業 介護情報・研修センター事業(20120650-00060011)



ここまで本文です。