平成29年度当初予算(課長後調整要求) 薬事指導監督費()

管理事業名 :薬事指導事業 予算要求課 薬務課
事業名 :薬事指導監督費()(19963866) 予算計上課 薬務課
款名・項名・目名 :健康医療費 医薬費 薬務費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
  医薬品等の品質、有効性、安全性を確保するため、医  1 薬事監視指導費
 薬品等の製造業者、製造販売業者及び薬局・医薬品販売   薬局・医薬品販売業者等の許認可・監視指導、収去試
 業者に対して監視指導を行うとともに、府民に品質の優  験及び講習会等による周知並びに薬事審議会及び課内の
 れた医薬品等を供給するため、品質確保に重点を置く監  事務業務にかかる経費
 視体制をとり、保健衛生上の危害を防止する。また、災   【活動指標】医薬品販売業等の立入調査件数
 害時に必要な医薬品・医療用資材等の確保供給体制の整         H27 949件
 備を図る。なお、平成20年度から登録販売者に係る試         H28 954件(見込)
 験及び販売従事登録事務等を行う。         H29 954件(見込)
開始終了年度  2 薬事法地方委譲関係事業費
 昭和35年度〜  (1) 知事権限の医薬品等の承認・許可業務並びに改
根拠法令  正薬事法を円滑に行うための事業を行う。
 医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保  (2) 医療機器に起因する健康被害を未然に防止する
 等に関する法  ため、医療機器の適正使用を推進し、医療機器の有効性
 安全な血液製剤の安定供給の確保等に関する法律  ・安全性を確保するための事業を行う。
  【活動指標】医薬品等製造販売業等の立入調査件数
        H27 356件
        H28 723件(見込)
        H29 437件(見込)
        医療機器製造販売業等の立入調査件数
        H27 944件
        H28 1,094件(見込)
        H29 816件(見込)
 3 医薬品検定検査事務等委託費(国庫10/10)
  厚生労働省から委託を受け、医薬品製造業許可承認業
 務、医薬品検定検査事務及び医薬品の有効性等確保のた
 めの製造販売後安全管理基準(GVP)の実施状況査察
 等を行う。
  医療用後発医薬品の品質についての再評価(先発品と
 の同等性を試験により確認)を実施し、その品質の信頼
 性を確保するにあたって、必要な試験を実施する。
 4 災害時医薬品等確保供給体制整備事業費
  「大阪府地域防災計画」に基づき、災害時医療体制整
 備の一環として、災害時に必要な医薬品・医療用資材等
 の確保供給体制の整備を図る。
 5 薬価等調査費(国庫10/10)
  国からの委託により医薬品等の生産実態等を調査する
 。
 6 登録販売者試験及び販売従事登録事務
  平成20年度から施行された登録販売者試験の問題作
 成から試験実施に係わる一連の事務を行う。
  また、登録販売者試験に合格した者の登録事務及び資
 質向上に係る事務を行う。
 7 大阪版地方分権推進制度移譲事務交付金
 【調整要求理由】
  (地独)大阪健康安全基盤研究所運営費交付金へ振替

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 77,074 23,767 0 139,623 ▲86,316
要求額 64,483 8,030 0 157,485 ▲101,032
内示額 64,483 8,030 0 157,485 ▲101,032
調整要求額(課長後) ▲5,195 0 0 0 ▲5,195
査定額 ▲5,195 0 0 0 ▲5,195

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

健康医療手数料 医薬手数料 薬事指導事業手数料 0 0
健康医療費国庫委託金 医薬費委託金 薬事指導事業委託金 0 0
災害救助基金繰入金 災害救助基金繰入金 薬事指導事業基金繰入金 0 0

要求額の内訳

査定額の内訳

1 薬事監視指導費 ▲5,049千円 要求どおり ▲5,049千円
  (1) 薬事監視指導費 ▲5,049千円   ▲5,049千円
2 薬事法地方委譲関係事業費 ▲146千円 要求どおり ▲146千円
  (1) 薬事法地方委譲関係事業費 ▲146千円   ▲146千円

明細 薬事監視指導費 薬事監視指導費(19963866-00010005)

明細 薬事法地方委譲関係事業費 薬事法地方委譲関係事業費(19963866-00070018)



ここまで本文です。