平成28年度当初予算(部長後調整要求) 外国人旅行者安全確保事業費()

管理事業名 :観光振興事業 予算要求課 企画・観光課
事業名 :外国人旅行者安全確保事業費()(20150427) 予算計上課 企画・観光課
款名・項名・目名 :総務費 府民文化費 観光費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
 ≪目的≫  《内容》
  「大阪の成長戦略」及び「大阪の観光戦略」において  @災害発生時の外国人旅行者支援フローの作成
 、平成32年来阪外国人旅行者数650万人を目標として、  A外国人旅行者への啓発強化、関係機関における連携強
 大阪観光局とともに取り組んでいるが、平成26年実績は  化
 376万人と対前年比43%増、本年も上半期だけで320万人  《事業の必要性・手法の妥当性》
 と前年の実績に切迫するなど、計画を大きく上回る勢い  これまでの災害対策は主に日本人を対象としていること
 で急増している。こうした中、外国人旅行者の安全確保  から、言葉や文化の問題なども影響し、外国人旅行者に
 については、在阪領事館からも強く要請されており、府  とって、内容的に十分とはいえない。また、外国人旅行
 も「新・大阪府地震防災アクションプラン」において重  者の中には、これまで地震等の災害を経験したことがな
 点事項に掲げているところ。そのため、外国人旅行者に  く、災害発生時にどのように行動すべきかわからない人
 対する情報提供の強化とともに、現場での外国人旅行者  も少なくない。
 への支援体制の構築を図る。   そのため、まずは、外国人旅行者本人に必要性の高い
 情報を届ける必要があり、府は大阪観光局とともに、I
 Tを活用し、緊急時に必要となる情報を包括的に掲載し
 たポータルサイトの運用を開始したところ。
  今後はより多くの外国人旅行者に対してこのポータル
 サイトの周知を図るとともに掲載情報の充実を図ること
 が重要である。
  併せて、外国人旅行者に直接、接する機会の多い宿泊
 施設・観光施設などにおいて、主体的に外国人旅行者へ
 の支援が行われるよう、実態調査やワークショップを通
 じて、体制整備の必要性や具体的な取組み方法などをモ
 デルとして示すとともに、被災から帰国までに必要とな
 る支援の流れを整理することにより、災害時の地域や各
 事業者における外国人旅行者の安全確保に関する理解を
 高め、円滑な支援体制の構築を図る。
  これらの取組みにより、大阪を訪れた外国人旅行者が
 、災害時に必要な情報を自ら入手でき、その情報を活用
 して地域の支援を受けながら適切な行動につなげること
 ができる体制の強化につなげる。
 《活動指標》
 ・啓発カードの配布数 2万枚
 ・全体会議参加者数 150人
 《成果指標》
 来阪外国人旅行者数
 平成26年 実績 376万人
 平成27年 目標値 380万人
 平成28年 目標値 450万人
 【部長後調整理由】
 節割変更のため

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 803 0 0 0 803
要求額 5,493 0 0 0 5,493
内示額 1,409 0 0 0 1,409
調整要求額(部長後) 0 0 0 0 0
査定額 0 0 0 0 0

要求額の内訳

査定額の内訳

1 外国人旅行者安全確保事業 0千円 要求どおり 0千円
  (1) 外国人旅行者安全確保事業費 ▲1,249千円   ▲1,249千円
  (2) 外国人旅行者支援フロー確立の取組 1,249千円   1,249千円

明細 外国人旅行者安全確保事業 外国人旅行者安全確保事業費(20150427-00010001)

明細 外国人旅行者安全確保事業 外国人旅行者支援フロー確立の取組(20150427-00010002)



ここまで本文です。