ホーム > 予算編成過程公表トップ > 平成28年度当初予算部長後調整 > 一般会計  > 大阪・光の饗宴(御堂筋イルミネーション)事業費()

平成28年度当初予算(部長後調整要求) 大阪・光の饗宴(御堂筋イルミネーション)事業費()

管理事業名 :都市魅力創造事業 予算要求課 魅力づくり推進課
事業名 :大阪・光の饗宴(御堂筋イルミネーション)事業費()(20091815) 予算計上課 魅力づくり推進課
款名・項名・目名 :総務費 府民文化費 都市魅力創造費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
  大阪のシンボルである御堂筋のイチョウをイルミネー  ・実施期間:平成28年12月1日〜平成29年1月下旬
 ションで装飾することにより、世界に類を見ない景観を  ・実施区間:阪神前交差点〜難波西口交差点 約4.0km
 創出し、美しい光のまちとして、国内外の人々をひきつ  ・装飾対象:イチョウ並木 約720本
 ける賑わいをつくり出し、大阪全体の活性化を図る。   マイメッセージツリー、写真撮影スポット
開始終了年度        等
 平成21年度〜  ○御堂筋イルミネーション基金を有効に活用しながら事
  業を実施していくため、寄付金と一般財源の割合を1
  :1とする。
 ○デザインや演出方法については、専門家の意見や地元
  団体等の意見を踏まえながら検討する。
 ○民間との合同プロモーションをさらに充実し大阪観光
  局と連携を行い、内外からの観光客誘致を促進する。
 【指標】
 ○イルミネーションを見て満足した人の割合が80%以
  上を達成。事業実施に必要な寄附金をいただくこと。
  ※イルミネーションを見て満足した人の割合が80%
   未満かつ、次年度の事業実施に必要な寄付金に寄附
   見込額が満たないと想定される場合は、中止も含め
   事業のあり方について検討する。
 (満足度調査結果)
  平成21年度:77%
  平成22年度:94%
  平成23年度:86%
  平成24年度:97%
  平成25年度:81%
  平成26年度:78%
 【手法の妥当性】
 ○都市魅力の向上や国内外からの観光誘客促進のために
  は、府・大阪市・経済界が一体となった取組みが必要
 【部長後調整理由】
  財源更正のため

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 286,840 0 0 194,191 92,649
要求額 296,449 14,990 0 188,192 93,267
内示額 296,449 14,990 0 188,192 93,267
調整要求額(部長後) 7,495 ▲14,990 0 14,990 7,495
査定額 7,495 ▲14,990 0 14,990 7,495

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

総務費国庫補助金 府民文化費補助金 都市魅力創造事業補助金 ▲14,990 ▲14,990
利子及び配当金 利子及び配当金 都市魅力創造事業利子 0 0
総務費寄附金 府民文化費寄附金 都市魅力創造事業寄附金 7,495 7,495
御堂筋イルミネーション基金繰入金 御堂筋イルミネーション基金繰入金 都市魅力創造事業基金繰入金 7,495 7,495

要求額の内訳

査定額の内訳

1 御堂筋イルミネーション事業 0千円 要求どおり 0千円
  (1) 大阪・光の饗宴実行委員会負担金(既
    存)
29,980千円  
 
29,980千円
  (2) 大阪・光の饗宴実行委員会負担金(国
    庫)
▲29,980千円  
 
▲29,980千円
2 御堂筋イルミネーション基金運営事業費 7,495千円 要求どおり 7,495千円
  (1) 積立金 7,495千円   7,495千円

明細 御堂筋イルミネーション事業 大阪・光の饗宴実行委員会負担金(既存)(20091815-00010006)

明細 御堂筋イルミネーション事業 大阪・光の饗宴実行委員会負担金(国庫)(20091815-00010018)

明細 御堂筋イルミネーション基金運営事業費 積立金(20091815-00040008)



ここまで本文です。