平成27年度当初予算(政策的経費) 鉄道地震防災対策費

管理事業名 :交通対策事業 予算要求課 交通道路室
事業名 :鉄道地震防災対策費(20151088) 予算計上課 交通道路室
款名・項名・目名 :都市整備費 都市計画費 交通対策費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
  本府において、公共交通に関する取組みの方向性を示  【事業内容】
 した「公共交通戦略」を平成26年1月に策定した。その   1.鉄道施設耐震補強事業費補助
 取組みの柱として「公共交通の利便性向上」を掲げ、鉄    下記鉄道施設を対象に耐震事業の補助を実施。
 道施設の安全確保に向けた取組みを位置づけたところ。    ・1日の乗降客数数が1万人以上の高架駅であってか
  そのうち、鉄道地震防災安全対策事業については、今     つ折り返し運転が可能または複数路線が接続する
 後発生が予測される大規模地震に備え、発災時には避難     高架駅
 活動等で利用者や通行者等の集中が想定される主要な鉄    ・緊急輸送道路等と交差又は並走する鉄道施設
 道駅部における耐震化、南海トラフ地震発生時に、緊急    ・片道断面輸送量が1日1万人以上の路線であって、
 輸送道路等に影響を及ぼす鉄道施設における耐震化及び     ピーク1時間あたりの片道列車本数が10本以上の
 津波による浸水が想定される地下駅における浸水対策に     区間にある開削トンネルの柱
 ついて、地震防災アクションプランに位置づけ、鉄道事    ○H27対策箇所
 業者が実施する対策に補助を行う。    ・駅 近鉄:鶴橋駅
開始終了年度       南海:難波駅
 平成27年度〜平成27年度       京阪:枚方市駅
根拠法令       阪神:西九条駅
 鉄道施設耐震補強事業費補助金交付要綱       阪急:茨木市駅  等
   ・緊急輸送走路と交差又は並走
      北急:南北線
      近鉄:大阪線
      南海:本線
      京阪:交野線
      阪急:京都線
      JR貨物:東海道貨物支線  等
   ・開削トンネルの柱 大阪市営地下鉄:谷町線 等
  2.地下駅浸水対策設備整備事業費補助
   南海トラフ巨大地震の発生により、浸水被害が想定
   される地下駅等を対象に浸水対策の補助を実施。
   ○H27対策箇所
    阪神:福島駅
 【補助率】
  国1/3、府1/6、地元市1/6

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 244,217 0 0 0 244,217
要求額 317,886 0 0 0 317,886
査定額 317,886 0 0 0 317,886

要求額の内訳

査定額の内訳

1 鉄道施設耐震補強事業費補助金 307,886千円 要求どおり 307,886千円
  (1) 鉄道施設耐震補強事業費補助金 307,886千円   307,886千円
2 地下駅浸水対策設備整備事業費補助金 10,000千円 要求どおり 10,000千円
  (1) 地下駅浸水対策設備整備事業費補助金 10,000千円   10,000千円

明細 鉄道施設耐震補強事業費補助金 鉄道施設耐震補強事業費補助金(20151088-00010003)

明細 地下駅浸水対策設備整備事業費補助金 地下駅浸水対策設備整備事業費補助金(20151088-00020002)



ここまで本文です。