平成27年度当初予算(政策的経費) 薬物依存症者等ケア強化事業費

管理事業名 :精神保健対策事業 予算要求課 地域保健課
事業名 :薬物依存症者等ケア強化事業費(20150919) 予算計上課 地域保健課
款名・項名・目名 :健康医療費 公衆衛生費 精神衛生費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
  あいりん地域を中心とする環境整備5ヵ年計画におけ  【事業内容】
 る薬物対策事業の一環として、大阪府と大阪市が協働し  1 専門的なケアの強化
 広域的に取り組むことで、薬物依存症者本人及び家族に  (1)当事者支援専門プログラム事業
 対するケア水準の向上を目指す。     薬物依存症者を対象に、断薬継続のための専門プ
開始終了年度    ログラム等をモデル的に実施する。
 平成26年度〜平成30年度     また、モデル的に実施した当事者支援専門プログ
   ラムの実績等を踏まえ、効果的な支援の方策を検討
   する。
 (2)家族心理教育事業
    薬物依存症者の家族を対象に、病気の正しい知識
   や適切な対応方法の習得を目的とした家族教室を開
   催する。
 2 専門研修
 (1)関係機関職員専門研修事業
    関係機関職員を対象に、資質の向上を目的とした
   研修会を実施する。
 (2)医療機関職員専門研修事業
    医療機関職員を対象に、診断・治療技術の向上を
   目的とした研修会を実施する。
 3 支援ネットワークの構築
  (1)当事者支援ネットワーク検討会議
 【対象】
   薬物依存症者及びその家族
   保健・福祉・医療・教育・司法等分野の関係機関
  ・団体職員等
 【実施主体】
   大阪府及び大阪市
 【活動指標】
  ・当事者及び家族向けプログラム
   平成26年度 当事者向け2回 家族向け4回
   平成27年度 当事者向け4回 家族向け4回
  ・関係機関職員専門研修
   平成26年度 講演会型2回
   平成27年度 講演会型2回 ワークショップ型6回
  ・医療機関職員研修
   平成27年度 2回
  ・当事者支援ネットワーク検討会議
   平成27年度 3回
 【成果指標】
  ・当事者及び家族向けの効果的なプログラムの開発
  ・関係機関職員専門研修
   平成26年度 講演会型 150人×2回=300人
   平成27年度 講演会型 150人×2回=300人
         ワークショップ型 30人×6回=180人
  ・医療機関職員研修
   平成27年度 200人×2回=400人
  ・当事者支援ネットワーク検討会議
   関係機関ネットワークの構築

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 0 0 0 0 0
要求額 5,450 1,600 0 750 3,100
査定額 5,450 1,600 0 750 3,100

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

健康医療費国庫補助金 公衆衛生費補助金 精神保健対策事業補助金 1,600 1,600
雑入 健康医療費雑入 精神保健対策事業雑入 750 750

要求額の内訳

査定額の内訳

1 専門的なケアの強化 4,250千円   4,250千円
   ○平成28年度以降については、事業実績を踏まえ議論。
  (1) 当事者支援専門プログラム事業 4,100千円   4,100千円
  (2) 家族心理教育事業 150千円   150千円
2 専門研修 900千円   900千円
   ○平成28年度以降については、事業実績を踏まえ議論。
  (1) 関係機関職員専門研修事業 600千円   600千円
  (2) 医療機関職員専門研修事業 300千円   300千円
3 支援ネットワークの構築 300千円   300千円
   ○平成28年度以降については、事業実績を踏まえ議論。
  (1) 当事者支援ネットワーク検討会議 300千円   300千円

明細 専門的なケアの強化 当事者支援専門プログラム事業(20150919-00010001)

明細 専門的なケアの強化 家族心理教育事業(20150919-00010002)

明細 専門研修 関係機関職員専門研修事業(20150919-00020003)

明細 専門研修 医療機関職員専門研修事業(20150919-00020005)

明細 支援ネットワークの構築 当事者支援ネットワーク検討会議(20150919-00040006)



ここまで本文です。