ホーム > 予算編成過程公表トップ > 平成27年度当初予算通常(政策的経費) > 一般会計  > 地域医療介護総合確保基金事業費(精神保健対策事業)

平成27年度当初予算(政策的経費) 地域医療介護総合確保基金事業費(精神保健対策事業)

管理事業名 :精神保健対策事業 予算要求課 地域保健課
事業名 :地域医療介護総合確保基金事業費(精神保健対策事業)(20150642) 予算計上課 地域保健課
款名・項名・目名 :健康医療費 公衆衛生費 精神衛生費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
 1.大阪府の精神科救急医療体制について、新たな財政支  T-@精神科救急医療における身体合併症対応力向上の
 援制度(新基金)を活用し、救急体制整備事業のみでは対  ための看護職員等研修事業
 応出来ない課題に対応するための体制強化を図る。  (活動指標)一般科看護師300名、精神科看護師150名に研
 2.精神保健福祉法(改正)に位置付けられた「退院支援委  修を実施
 員会」に病院が支払う経費を補填し、地域における医療  (成果目標)休日・夜間の合併症支援病院及び一般科救急
 と福祉の連携体制整備を支援し、退院促進を進める。  病院における看護師の身体合併症患者に対する対応力の
 3.在宅精神障がい者の中でも、医療や看護の提供が困難  向上
 な未治療者や長期の治療中断者に対するアウトリーチ支援の充  T-A精神科救急において一般科処置を行う精神科病院
 実を図る。  に係る機器整備事業
 4.地域における一般科・精神科の医療機関ネットワーク構築を  (活動指標)身体合併症支援病院において検査機器を設置
 推進し、在宅医療供給体制の強化を図る。  し、患者急変時の検査を行う
 5.認知症早期発見のネットワーク構築等を支援する。  (成果目標)身体合併症支援病院(11ヶ所)における休日・
開始終了年度  夜間の検査体制の確保
 平成26年度〜  T-B身体合併症患者を受入れた一般化病院への精神科コ
根拠法令  ンサル事業及び精神科病院において身体合併症患者受入後
 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律第19条の11  の一般科処置を行う医師配置事業
 ほか  (活動指標)一般化病院へのコンサルテーション及び合併症患者の
 受入れ・病状急変への対応
 (成果目標)年間のコンサルテーション件数8,000件
 T-C精神科救急医育成事業
 (活動指標)若手医師等600名に対して研修を実施
 (成果目標)平成29年度末における精神科救急勤務医不足
 (約40名)の解消
 U.精神保健福祉法(改正)に位置付けられた「退院支援委
 員会」に病院が支払う経費を補填し、地域事業者の参画
 促進を図り、退院支援を促進する。
 (活動指標)医療保護入院患者3,200名に対し、退院支援
 委員会を開催
 (成果目標)平成29年度末における入院後1年以内の退院
 率を93%以上
 V.在宅精神障がい者の中でも、医療や看護の提供が困
 難な未治療者や長期の治療中断者に対するアウトリーチ拠点の
 モデル整備を図る。
 (活動指標)H27は精神医療センターを拠点として整備し、H28
 〜29は府南部地域から1箇所を拠点病院として整備
 (成果目標)H30以降におけるネットワークを府全域に拡充
 W.精神疾患(認知症等を含む)の医療について、個々の
 医療機関(病院・診療所)での連携を図る市域をモデル地
 域とし、各医療機関のネットワーク構築を推進する。
 (活動指標)医療連携支援パス等を活用した精神科診療所
 等と一般科医療機関との連携体制をモデル的に整備(H26
 〜H28)
 (成果目標)モデル事業をH29以降二次医療圏単位に拡充
 し、各医療機関相互のネットワークを構築する。
 X.医療的に特に手厚い支援が必要な者に対して、認知
 症サポート医等が同行し、有効な初期集中支援を行う。
 (活動指標)地域のかかりつけ医による認知症患者の早期
 発見・早期診断を行うネットワーク体制をモデル的に構築する
 (H26〜H28)
 (成果目標)モデル事業実施後、成果を全市町村に広げる

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 0 0 0 0 0
要求額 284,438 0 0 284,438 0
査定額 134,114 0 0 134,114 0

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

地域医療介護総合確保基金繰入金 地域医療介護総合確保基金繰入金 精神保健対策事業基金繰入金 284,438 134,114

要求額の内訳

査定額の内訳

1 大阪府精神科救急医療体制強化事業 180,060千円   48,286千円
  (1) 看護職員等研修事業 8,160千円   8,160千円
   ○基金の範囲内で事業実施
  (2) 精神科病院への機器整備事業 14,700千円   7,500千円
   ○基金の範囲内で事業実施
    所要額を精査
  (3) 一般救急病院への精神科コンサル事業等 146,700千円   29,340千円
   ○基金の範囲内で事業実施
    所要額を精査
  (4) 精神科救急医育成事業 10,500千円   3,286千円
   ○基金の範囲内で事業実施
    所要額を精査
2 精神科入院者退院支援委員会推進事業 80,030千円   78,414千円
  (1) 精神科入院者退院支援委員会推進事業 80,030千円   78,414千円
   ○基金の範囲内で事業実施
    所要額を精査
    H26〜H28の3か年に限り事業実施を認める
3 未治療・治療中断者へのアウトリーチ拠点整備
  事業
7,517千円  
 
0千円
  (1) 未治療者等へのアウトリーチ拠点整備事業
。。
7,517千円 。。
 ○本事業については、既存の国庫補助制度が活用可能な
0千円
   ため、基金事業として認めない
    また、病院主体のアウトリーチ、ネットワーク構築と
   いった事業スキームの実現性に疑問
4 一般科・精神科等地域医療機関連携モデル
  事業
13,230千円  
 
4,895千円
  (1) 一般科・精神科等地域医療機関連携モデ
    ル事業
13,230千円  
 
4,895千円
   ○基金の範囲内で事業実施
    所要額を精査
5 認知症早期医療支援モデル事業 3,601千円   2,519千円
  (1) 認知症早期医療支援モデル事業
。。
3,601千円 。。
 ○基金の範囲内で事業実施
2,519千円
    所要額を精査
   ○早期診断ネットワーク構築事業については、H27年度
   に限り実施を認める

明細 大阪府精神科救急医療体制強化事業 看護職員等研修事業(20150642-00020001)

明細 大阪府精神科救急医療体制強化事業 精神科救急医育成事業(20150642-00020002)

明細 大阪府精神科救急医療体制強化事業 精神科病院への機器整備事業(20150642-00020007)

明細 大阪府精神科救急医療体制強化事業 一般救急病院への精神科コンサル事業等(20150642-00020009)

明細 精神科入院者退院支援委員会推進事業 精神科入院者退院支援委員会推進事業(20150642-00030003)

明細 未治療・治療中断者へのアウトリーチ拠点整備事業 未治療者等へのアウトリーチ拠点整備事業(20150642-00040004)

明細 一般科・精神科等地域医療機関連携モデル事業 一般科・精神科等地域医療機関連携モデル事業(20150642-00050005)

明細 認知症早期医療支援モデル事業 認知症早期医療支援モデル事業(20150642-00060006)



ここまで本文です。