平成27年度当初予算(政策的経費) 府立学校老朽化対策費(府立支援学校)

管理事業名 :府立支援学校建設事業 予算要求課 施設財務課
事業名 :府立学校老朽化対策費(府立支援学校)(20140488) 予算計上課 施設財務課
款名・項名・目名 :教育費 特別支援学校費 学校建設費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
  府立学校の校舎等については、築年数が30年を超える  1支援学校改築事業
 ものが7割以上を占め、老朽化が深刻な状況であること   【事業内容】老朽化した校舎の改築を行う。
 から、長寿命化による施設の改修と改築の組み合わせ         平成17年度まで、昭和初期に建築され
 により、コストの低減化を図りつつ、計画的に改修・改         た校舎の改築を行ってきたが、平成18
 築を行い、教育環境の改善を図る。         年度以降は府立高校の校舎の耐震化を
開始終了年度         最優先事業として行ってきたが、平成2
 平成26年度〜         6年度に耐震化が完了することから、平
        成27年度以降、再び校舎の改築を進め
        ていく。
        (平成27年度は要求なし)
 2大規模改造事業(外部改修)
  【事業内容】これまで耐震化工事と併せて、外部の大
        規模改修(外壁改修、屋上防水工事等)
        を行ってきたが、新耐震基準の学校(昭
        和57年度以降建築されたもの)につい
        ては、築後相当年数を経過し、外壁のひ
        び、コンクリートの落下、雨漏り等が発
        生しているものの、耐震化の学校を最優
        先としてきたことから、着手できていな
        い。平成26年度に耐震化が完了するこ
        とから、平成27年度以降、新耐震校舎
        の大規模改修(外部改修)を行ない、校
        舎の長寿命化を図る。
        (平成27年度は要求なし。)
 3大規模改造事業(内部改修)
  【事業内容】これまでの大規模改修では、外壁改修、
        屋上防水工事等の外部改修だけであり、
        給排水・衛生・受電設備等の内部設備の
        大規模改修は行っておらず、内部設備の
        老朽化が著し状態となっていることから
        、校舎の長寿命化を目的として、内部設
        備等の大規模改修を行う。
        平成27年度は、エレベーター更新工事
        に伴う実施設計及び工事請負契約を行う
        。
 【事業対象】支援学校  29校

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 5,059 0 2,000 0 3,059
要求額 132,018 23,255 72,000 0 36,763
査定額 132,018 23,255 72,000 0 36,763

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

教育費国庫補助金 特別支援学校費補助金 府立支援学校建設事業補助金 23,255 23,255
教育債 特別支援学校債 府立支援学校建設事業債 72,000 72,000

要求額の内訳

査定額の内訳

1 府立学校老朽化対策費(府立支援学校) 132,018千円   132,018千円
   ○要求どおり
  (1) 大規模改造事業(内部改修) 5,734千円   5,734千円
  (2) 大規模改造事業(内部改修)(公共) 126,284千円   126,284千円

明細 府立学校老朽化対策費(府立支援学校) 大規模改造事業(内部改修)(20140488-00010001)

明細 府立学校老朽化対策費(府立支援学校) 大規模改造事業(内部改修)(公共)(20140488-00010009)

備考
債務負担行為有り


ここまで本文です。