ホーム > 予算編成過程公表トップ > 平成27年度当初予算通常(政策的経費) > 一般会計  > 精神科救急医療体制整備事業費(政策的経費)

平成27年度当初予算(政策的経費) 精神科救急医療体制整備事業費(政策的経費)

管理事業名 :精神保健対策事業 予算要求課 地域保健課
事業名 :精神科救急医療体制整備事業費(政策的経費)(20130375) 予算計上課 地域保健課
款名・項名・目名 :健康医療費 公衆衛生費 精神衛生費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
  緊急措置診察の実施や応急入院指定病院を指定し、入  1.緊急措置体制整備事業
 院受入医療機関の確保等により精神科救急医療体制の整   夜間・休日において、精神保健及び精神障害者福祉に
 備を図る。  関する法律(以下「法」という。)第27条に基づく緊急
開始終了年度  措置診察の必要があると認められた精神障がい者のため
 平成 3年度〜  に、民間精神科病院等の輪番制による精神科緊急病院に
根拠法令  おける緊急措置診察及び法第29条の2による入院等の医
 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律 第29条の  療対応が可能な体制を整備する。
 2 ほか  (活動指標)精神障がいのために自傷他害の恐れがある患
 者に対して円滑に診察を行い、必要に応じて入院等の医
 療提供体制を整備する。
 (成果目標)夜間・休日における自傷他害の恐れがある患
 者に対して円滑な医療を提供
 2.精神科救急病院等確保事業
  夜間・休日において、原則、大阪府内で発生した精神
 疾患の急性発症や精神症状の急変などにより緊急に外来
 診療または入院治療を要する患者のため、民間精神科病
 院等の輪番制による入院等の医療対応が可能な体制を整
 備する。
 (活動指標)夜間・休日においても入院治療・外来診療を
 含めた精神科医療を円滑に提供する体制を整備する。
 (成果目標)満床により救急の受入れに対応できない搬送
 事例の解消
 3.身体合併症支援病院体制等確保事業
  夜間・休日において一般科救急医療機関で処置を終え
 た身体合併症患者に対し、必用に応じて転院受入・外来
 対応を行うための体制として、「合併症支援病院」を新設
 し、身体合併症患者に対する医療提供体制を整備する。
 (活動指標)一般科救急医療機関で一般科処置を終えた合
 併症患者に対する精神科医療の提供体制を整備する。
 (成果目標)一般科救急医療機関で処置を終えた身体合併
 症患者の合併症支援病院への円滑な転院
 【対象】
  府内の精神障がい者等
 【実施主体】
  都道府県及び政令市
  (大阪市・堺市共同実施)

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 320,815 69,480 0 146,856 104,479
要求額 342,201 77,064 0 157,388 107,749
査定額 316,948 77,064 0 140,552 99,332

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

健康医療費国庫負担金 公衆衛生費負担金 精神保健対策事業負担金 1,541 1,541
健康医療費国庫補助金 公衆衛生費補助金 精神保健対策事業補助金 75,523 75,523
雑入 健康医療費雑入 精神保健対策事業雑入 157,388 140,552

要求額の内訳

査定額の内訳

1 緊急措置体制整備事業 139,353千円   114,100千円
   ○人件費については人事課査定
  (1) 緊急措置体制整備事業 139,353千円   114,100千円
2 精神科救急病院等確保事業 154,546千円   154,546千円
  (1) 精神科救急病院等確保事業 154,546千円 要求どおり 154,546千円
3 身体合併症支援病院体制等確保事業 48,302千円   48,302千円
  (1) 身体合併症支援病院体制確保料 48,302千円 要求どおり 48,302千円

明細 緊急措置体制整備事業 緊急措置体制整備事業(20130375-00010001)

明細 精神科救急病院等確保事業 精神科救急病院等確保事業(20130375-00020002)

明細 身体合併症支援病院体制等確保事業 身体合併症支援病院体制確保料(20130375-00050006)



ここまで本文です。