平成27年度当初予算(政策的経費) スクールバス運行費

管理事業名 :府立支援学校管理運営事業 予算要求課 支援教育課
事業名 :スクールバス運行費(19961318) 予算計上課 教育振興室
款名・項名・目名 :教育費 特別支援学校費 学校管理費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
  支援学校の児童生徒については、障がいの状況等によ  ○通学バスの運行
 り自主通学が困難である者がいることから、通学手段の   府立支援学校児童生徒の通学のため通学バスを運行す
 確保のため通学バスを運行する必要がある。   る。
  また、通学バスの運行にあたっては、児童生徒の精神    ・大型バス等  年間216日(H26年度)
 的、体力的負担を軽減するため、乗車時間60分を目標  ○校外学習バスの借り上げ
 に運行しているが、児童生徒数の増加や広域な校区のた   通学バス未配備校の校外学習のため必要に応じてバス
 め一部のコースについて長時間化していることから、長   を借上げる。
 時間化しているコースについて、バスの増車や有料道路   ・生野聴覚支援学校    年間 80回
 の利用により乗車時間の短縮化を図る。   ・堺聴覚支援学校    年間 65回
  さらに、日常の通学に通学バスを使用しない学校につ   ・だいせん聴覚高等支援学校 年間 10回
 いても、必要不可欠な校外学習等に際しては、バスが必   ・中津支援学校、刀根山支援学校、
 要となることから、校外学習バスを借り上げる。    堺支援学校大手前分校、羽曳野支援学校 延8回
開始終了年度  ○通学バス緊急連絡用携帯電話の設置
 昭和53年度〜   通学バスの運行を安全且つ確実に行うため、緊急連絡
  用の携帯電話を配備する。
   1台について携帯電話を1基配備する。
 ○通学バス有料道路利用料
  有料道路の利用により、乗車時間の短縮化と児童生徒
  の安全且つ快適な通学確保を図ることができるコース
  について、有料道路の利用を行なう。
  ・利用道路:箕面有料道路(箕面グリーンロード)
  ・利用校:豊中・箕面支援学校 各1台(計2台)

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 1,930,075 0 0 0 1,930,075
要求額 1,847,473 0 0 0 1,847,473
査定額 1,846,926 0 0 0 1,846,926

要求額の内訳

査定額の内訳

1 通学バス運行事業費 1,847,473千円   1,846,926千円
  (1) 通学バス運行委託費 1,832,255千円   1,832,255千円
   ○台数については空席率等を検証のうえ必要に応じて調
   整要求
  (2) 校外学習等バス借上げ費 9,321千円   8,774千円
   ○経費の精査
  (3) 緊急連絡用携帯電話設置費 5,053千円   5,053千円
   ○要求どおり
  (4) 通学バス有料道路利用費 844千円   844千円
   ○要求どおり

明細 通学バス運行事業費 通学バス運行委託費(19961318-00010001)

明細 通学バス運行事業費 校外学習等バス借上げ費(19961318-00010003)

明細 通学バス運行事業費 緊急連絡用携帯電話設置費(19961318-00010005)

明細 通学バス運行事業費 通学バス有料道路利用費(19961318-00010014)

備考
債務負担行為有り


ここまで本文です。