ホーム > 予算編成過程公表トップ > 平成27年度当初予算課長後調整 > 一般会計  > 周産期医療体制整備事業費(課長後調整要求)

平成27年度当初予算(課長後調整要求) 周産期医療体制整備事業費(課長後調整要求)

管理事業名 :母子保健事業 予算要求課 地域保健課
事業名 :周産期医療体制整備事業費(課長後調整要求)(20150771) 予算計上課 地域保健課
款名・項名・目名 :健康医療費 公衆衛生費 健康増進費
(単位 千円)

事業概要

目的 内容
 妊娠、出産から新生児までを対象として、地域におい  1.大阪府周産期医療協議会の開催経費
 て高度専門的な医療を効果的に提供する体制を確保する   【補助率】国庫1/3 事業開始 平成13年度〜
 とともに、各医療機関の機能分担の確立により、持続可  2.周産期緊急医療体制整備業務委託
 能な周産期医療体制を整備する。    (府医師会への委託事業)
根拠法令      ・周産期医療ネットワーク整備
 母子保健法      ・周産期医療関係者に対する研修
 周産期医療対策事業実施要綱      ・啓発普及
     ・周産期医療に関する調査・研究
  【補助率】国庫1/3 事業開始 平成13年度〜
 3.周産期緊急医療体制確保業務
   周産期医療情報システムが効率的・効果的に
   機能するよう府医師会に委託し、医療機関に
   体制確保への協力を求める。
   (府・大阪市・堺市の共同事業)
  【補助率】定額 事業開始 平成13年度〜
 4.産婦人科救急搬送体制確保事業
   大阪府医師会に委託し、府内を3つの地域に分け、
   休日・夜間等において産婦人科の救急患者を受け
   入れる病院を当番制により確保する。
   事業開始 平成21年度〜
 5.周産期緊急医療体制コーディネーター設置事業
   府立母子保健総合医療センターにおいて、医療機関
   からの搬送相談に応じるため、開業医師や他の医療
   機関に勤務する産婦人科医師の協力を得て、夜間及
   び休日に非常勤のコーディネーターを配置し、当直
   業務にとらわれず搬送調整業務を円滑に行うものと
   する。
   【補助率】国庫1/2 事業開始 平成19年度〜
 6.周産期医療拠点病院支援事業(休止中)
 【調整要求理由】
 消費税増税が延期されたため

予算額

財源内訳

国庫支出金

地方債

その他

一般財源

前年度当初予算額 0 0 0 0 0
要求額 206,911 22,110 0 34,789 150,012
内示額 199,934 22,110 0 34,789 143,035
調整要求額(課長後) ▲1,751 ▲56 0 0 ▲1,695
査定額 ▲1,751 ▲56 0 0 ▲1,695

特定財源の積算根拠

項目

当初要求

査定額

健康医療費負担金 医薬費負担金 救急医療事業負担金 0 0
健康医療費国庫補助金 医薬費補助金 医師派遣等推進事業補助金 0 0
健康医療費国庫補助金 医薬費補助金 救急医療事業補助金 ▲56 ▲56

要求額の内訳

査定額の内訳

1 周産期緊急医療体制整備事業 ▲166千円 要求どおり ▲166千円
  (1) 周産期緊急医療体制整備事業 ▲166千円   ▲166千円
2 産婦人科救急搬送体制確保事業 ▲1,224千円 要求どおり ▲1,224千円
  (1) 産婦人科救急搬送体制確保事業 ▲1,224千円   ▲1,224千円
3 周産期緊急医療体制コーディネーター設
  置
▲361千円 要求どおり
。。
▲361千円
  (1) 周産期緊急コーディネーター設置委託 ▲361千円   ▲361千円

明細 周産期緊急医療体制整備事業 周産期緊急医療体制整備事業(20150771-00010014)

明細 産婦人科救急搬送体制確保事業 産婦人科救急搬送体制確保事業(20150771-00050012)

明細 周産期緊急医療体制コーディネーター設置 周産期緊急コーディネーター設置委託(20150771-00090019)



ここまで本文です。