ジャクソンリース回路等の医療機器の回収のおける対応の徹底について

更新日:平成29年6月27日

平成22年8月2日  掲載

大阪府内の各医療機関  様

ジャクソンリース回路等の医療機器の回収における対応の徹底について(依頼)

 

ジャクソンリース回収

平成22年7月26日付け、薬食発0726第3号にて、

厚生労働省医薬食品局長より標記のとおり通知がありました。

各医療機関におきましては、本通知の内容をご了知いただき、

下記の点の対応の徹底をお願いします。

          

 

1.貴施設において、各種呼吸器回路との接続によって閉塞のおそれがある旧式タイプの別紙記載製品を保有していないかを改めて確認し、

  保有している場合には、直ちに使用を中止し、各製造販売業者又は購入した医療機器販売業者に返却すること。

  (各製品の製造販売業者等の連絡先については、下記の通知(リンク)を参照すること)

 

2.医療機器製造販売業者等から回収の依頼があった場合は、回収漏れがないように各施設内の関係者で情報が共有され、

  保有する製品を適切に確認するなど、回収にご協力いただきたいこと。

 通知の詳細はこちら  → 平成22年7月26日薬食発0726第3号 厚生労働省医薬食品局長通知

                   「ジャクソンリース回路等の医療機器の回収における対応の徹底について(依頼)」 [PDFファイル/129KB]  

このページの作成所属
健康医療部 薬務課 製造調査グループ

ここまで本文です。