薬事法改正に関する講習会について

更新日:平成26年11月19日

 「薬事法等の一部を改正する法律」(平成25年法律第84号)が平成26年11月25日に施行されます。

 これにより、「薬事法」(昭和35年法律第145号)が改正され、法律名が「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する

法律」(略称:「医薬品医療機器等法」)となる等、様々な改正が行われます。

 府内の医療機器及び体外診断用医薬品の製造販売業者を対象に、その改正の内容を周知すると共に必要な手続き等について

伝達するため、平成26年8月27日に、大阪市中央公会堂において薬事講習会を開催いたしました。

 その薬事講習会では3題の講演が行われましたが、その講演資料を以下のとおり掲載いたしますので、業務の参考としてください。

ただし、この講演資料は薬事講習会開催当時の資料です。資料中、「未確定」又は「検討中」と記載のある内容につきましては、最新の

をご確認ください。



   講演(1)  医薬品医療機器等法の概要について(QMS制度改正を中心に)  【PDFファイル/2.74MB】【PowerPointファイル/457KB

             厚生労働省 医薬食品局 監視指導・麻薬対策課

   講演(2)  法改正に伴う申請等手続きについて  【PDFファイル/1.58MB】【PowerPointファイル/962KB]

             大阪府 健康医療部 薬務課 医療機器グループ

   講演(3)  法改正に関する情報提供について  【PDFファイル/916KB]】【PowerPointファイル/416KB

             大阪府 健康医療部 薬務課 医療機器グループ



このページの作成所属
健康医療部 薬務課 製造調査グループ

ここまで本文です。