医薬品の適正管理のための業務に関する手順書モデル

更新日:平成30年3月30日

 卸売販売業者は、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律第36条の2に基づく同法施行規則第158条第2項第2号により、医薬品の適正管理のための業務に関する手順書の作成が必要となります。

 大阪府において、手順書モデルを作成しましたので、手順書の新規作成及び既存手順書の見直しを行う際の参考としてください。

 ※このモデルによる運用を求めているものではありません。 実際の業務との不整合のないように注意してください。

医薬品の適正管理のための業務に関する手順書(モデル) [Wordファイル/45KB]

このページの作成所属
健康医療部 薬務課 医薬品流通グループ

ここまで本文です。