薬事工業生産動態統計調査について

更新日:平成29年6月1日

薬事工業生産動態統計調査

薬事工業生産動態統計調査は統計法に規定する基幹統計として、薬事工業生産動態統計調査規則に基づき、医薬品、医薬部外品及び医療機器に関する毎月の生産及び輸出入の実態を明らかにする目的で行われています。調査対象事業所は医薬品、医薬部外品及び医療機器の製造販売業及び製造業で、それぞれの生産(輸入)、出荷、在庫等について調査を行います。

 【回答方法】

   ● 紙(調査票)による提出

      調査票に記入のうえ、郵送等により提出してください (A表及びB表を提出)

   ● フロッピーディスクによる提出

      「薬事工業生産動態統計調査事業者システム」を利用してデータを作成し、データをフロッピーディスクに保存して郵送等により提出してください

      事業者システム及び操作手引書等は、下記の厚生労働省ホームページからダウンロードしてください

   ● オンラインによる送信  

     (1) オンラインシステムを利用する場合は、ログインするための「ID」等が必要となりますので、以下のファイル(オンラインシステム

         ID申請書)に必要事項を入力して大阪府健康医療部薬務課へメールで申請してください。 

               オンラインシステムID申請書 [Excelファイル/18KB]  【製造所のみ】

               メール送信先: yakumu-g21@sbox.pref.osaka.lg.jp  

               メールの件名は 「動態オンラインID申請(会社名)」と記入してください。                        

      (2) 「事業者システム」を厚生労働省ホームページからパソコンにインストールして、調査票データを作成します。 

         併せて操作手引書(事業者システム)も入手しておくと便利です。  

               厚生労働省    http://www.mhlw.go.jp/topics/yakuji/jigyou.html

      (3) 初期設定  ⇒  操作手引書(事業者システム)を参照

      (4) 報告データの作成  ⇒  操作手引書(事業者システム)を参照

      (5) 政府統計オンライン調査総合窓口ヘアクセスして、調査対象者IDでログインし報告データをインターネット経由で送付する。(Web報告) 

             政府オンライン調査総合窓口     http://www.e-survey.go.jp            

                  

             オンラインシステムの利用は、郵送料が不要になり提出が便利になります。

  ☆お知らせ☆

     (1) 薬事法改正により平成26年11月25日に「医薬品医療機器等法」が施行することに伴い、新たな調査項目として再生医療等製

       品が追加されることにより、報告いただくことになります。

       当面の間、再生医療等製品は、新しい第五号様式に記入して製造販売所は厚生労働省に、製造所は都道府県に報告してください。

            新第五号様式  ⇒    第五号様式 [Excelファイル/30KB

     (2) ヘルプデスク対応業者の変更について

         事業者システムに関するお問合せのヘルプデスク対応業者が変更します。

       【平成27年4月1日からのヘルプデスク問合せ先】

           システム・アナライズ株式会社

           メールアドレス:yakuji@sacn.co.jp

           FAX番号:03−6256−8410

           電話番号:090−9130−0931

      

   ● 製造所は、大阪府健康医療部薬務課 総務・企画グループへ

   ● 製造販売事務所は、厚生労働省医政局経済課へ (ID申請も厚生労働省へ)

このページの作成所属
健康医療部 薬務課 総務・企画グループ

ここまで本文です。