平成26年全国消費実態調査 大阪府の結果


ここから本文です。

更新日:平成28年2月19日

 平成26年9月から11月の3か月間、府内全市及び島本町、岬町、千早赤阪村において、全国消費実態調査が実施されました。
 全国消費実態調査とは、家計の構造を「所得」「消費」「資産」の3つの側面から総合的に把握することを目的として、家計の収入・支出及び貯蓄・負債、耐久消費財、住宅・宅地などの家計資産を、5年ごとに調査するものです。
 調査結果については、項目ごとに集計、公表されます。
 ここでは、大阪府の集計結果を、全国との比較を中心に紹介していきます。

調査結果の概要


  1.二人以上の世帯の家計

 二人以上の世帯の1か月平均消費支出は、5年前(平成21年)と比較すると名目増加率は0.1%、消費者物価指数の変動を考慮した実質増加率は0.0%となった。全国と比較すると大阪府では、消費支出に占める食料の割合が大きい。
 (二人以上の世帯の家計に関する詳細はこちら)

  2.勤労者世帯の家計
 勤労者世帯の1か月平均実収入は、5年前(平成21年)と比較すると名目増加率は3.9%、消費者物価指数の変動を考慮した実質増加率は3.8%となった。
 (勤労者世帯の家計に関する詳細はこちら)

  3.購入先の状況 
 消費支出について、購入先別の支出額をみると、その他での購入割合が最も高く、次いでスーパー、一般小売店の順となっている。
 (購入先の状況に関する詳細はこちら)

  4.貯蓄と負債
 二人以上の世帯の1世帯当たりの貯蓄現在高は、1,501.7万円で年間収入(593万円)の約2.5倍となっている。一方、負債現在高は、553.3万円で年間収入の約0.9倍となっている。
 (貯蓄と負債に関する詳細はこちら)

  5.主要耐久消費財の所有と普及の状況
 大阪府における電動アシスト自転車、床暖房、ルームエアコン等の所有数量や普及率は、全国と比べて大きく上回っている。一方、ベッド・ソファーベッド、自動車等の所有数量や普及率は、全国を大きく下回っている。
 (主要耐久消費財の所有と普及状況に関する詳細はこちら)

このページの作成所属
総務部 統計課 物価・家計グループ

ここまで本文です。