利用ガイド

更新日:平成26年9月3日

「各統計調査の結果公表のページ」について
統計報告書・刊行物

「各統計調査の結果公表のページ」について 

各統計調査は、調査終了後、集計が行われますが、調査の多くは、調査結果をできるだけ速やかに公表するため、調査の基本的な結果数字などを公表する「速報」と、詳細な集計を行なった後に公表する「確報」により公表されます。

そのため、「速報」と「確報」は、集計方法が異なったり、集計項目に違いがあり、数値が異なる場合がありますので、利用にあたってはご注意ください。なお、集計に時日を要する大規模な調査では、数回に分けて結果を公表する場合もあります。

「各統計調査の結果公表のページ」は、それぞれ次のページから構成されています。(「利用上の注意及び用語の解説」として一体的に記述している場合もあります。)

  • Top
  • 利用上の注意
  • 用語の解説
  • 報告書(PDFファイル) と統計データ(Excelファイル)

「Top」は、各統計調査の結果公表ページの入り口となるページで、ここから当該統計調査結果公表の全ての内容にリンクしています。また、各統計調査の結果についての概略や傾向について、表やグラフを用いて解説しています。

「利用上の注意」は、各統計調査結果の利用に際して必要な事項(利用上の留意点や集計方法等)を記載しています。

「用語の解説」は、各統計調査特有の意味を持つ用語や項目の定義等を解説しています。

「報告書(PDFファイル)」は、統計報告書・刊行物の全文情報をPDFファイルで提供しています。過去分も提供しています。

「統計データ(Excelファイル)」は、公表統計データをExcelファイルで提供しています。過去分も提供しています。

「各統計調査の結果公表のページ」の「Top」は、最新の公表分のみ提供しています。過去のデータが必要な場合には、上記「報告書(PDFファイル) と統計データ(Excelファイル) 」をご利用ください。

なお、統計報告書・刊行物は、「大阪府統計資料室」で閲覧できるほか、府立図書館、府内市町村立図書館、国立国会図書館などに配付しています。
詳しくは当課までお問い合わせください。

上へ戻る

統計報告書・刊行物

統計報告書・刊行物はPDF形式で掲載しています。

PDFファイルの提供期間は、月報については過去24か月まで、速報については当該調査結果確報の公表まで、その他のものはこれまでに提供した全ての刊行物情報を提供しています。

Adobe Readerなど、PDFファイルを読むことのできるソフトウェアがインストールされていれば、リンクをクリックすると、ソフトが起動し、データが読込まれます。

Adobe Reader(外部サイト)は、アドビシステムズ社のホームページから、無償でダウンロードできます。必要な方は下のアイコンをクリックしてください。


Adobe Readerのダウンロードページへのリンク
 

統計データ

統計データはMicrosoft Excel形式で掲載しています。

お使いのパソコンに表計算ソフトのExcelがインストールされていれば、リンクをクリックすると、自動的にExcelが起動し、データが読込まれます。

Excelをお持ちでない場合には、Excel形式のデータが読める表計算ソフト(例えば、Lotus1-2-3等)があれば、次のようにしてデータを読むことができます。

  1. リンクを右クリックして、ファイルを適当なフォルダにダウンロード(保存)する。
  2. Excel形式のデータが読めるソフトを起動する。
  3. 起動したソフトで、ファイル形式をExcel形式に指定してファイルを開く。

このページの作成所属
総務部 統計課 情報分析グループ

ここまで本文です。