労働力調査地方集計結果(年平均)


ここから本文です。

更新日:令和2年2月28日

大阪の就業状況 令和元年(2019年)年平均

 国(総務省)が実施している労働力調査(基幹統計調査)の大阪府分のデータ(毎月約2,700世帯、15歳以上の世帯員約7,000人)の使用について総務省の承認を得て、集計を独立行政法人統計センターに委託し、作成した令和元年平均結果の概要は、次のとおり。
  

令和元年平均の概況

  大阪府の完全失業率・・・・・2.9%(前年比0.3ポイント低下)
  近畿の完全失業率・・・・・・・2.6%(前年比0.2ポイント低下)
  全国の完全失業率・・・・・・・2.4%(前年比同率)大阪府、近畿及び全国の完全失業率の推移

1 労働力人口

(1)労働力人口の動向

   労働力人口

             男女計・・・・・・・・・471万8千人で、前年に比べ14万9千人(3.3%)増
            男・・・・・・・・・258万1千人で、前年に比べ4万6千人(1.8%)増 
                 女・・・・・・・・・213万7千人で、前年に比べ10万3千人(5.1%)増

  roudouryokujinnkousuii

                                                                                                                                                                         

(2)労働力人口比率の動向

   労働力人口比率

          男女計・・・・・・・・・60.8%で、前年に比べ1.9ポイント上昇
             男・・・・・・・・・69.9%で、前年に比べ1.2ポイント上昇
             女・・・・・・・・・52.5%で、前年に比べ2.5ポイント上昇

  roudouryokujinkouhiritu

労働力人口及び労働力人口比率         (単位:千人、%)

   男女計  男  女
15歳以上人口平成30年平均

7,755

3,691

4,064
令和元年平均

7,760

3,6904,070
対前年増減数5△1

6

対前年増減率(%)

0.1

0.00.1
労働力人口平成30年平均4,5692,535 2,034
令和元年平均4,718 2,581

2,137

対前年増減数14946103
対前年増減率(%)3.31.85.1
労働力人口比率平成30年平均(%)58.968.750.0
令和元年平均(%)60.869.952.5
対前年増減(ポイント)1.91.22.5

 

2 就業者

     (1)就業者・就業率の動向


      就業者数

     男女計・・・・・・・・・457万9千人で、前年に比べ15万7千人(3.6%)増                                                                                                                                                                                            男・・・・・・・・・250万2千人で、前年に比べ5万7千人(2.3%)増                                                                                                                                                女・・・・・・・・・207万7千人で、前年に比べ10万人(5.1%)増

 shuugyoushasuii 

就業者数            (単位:千人、%)
 

  男女計  

  男  

  女  

平成30年平均

4,422

2,445

1,977

令和元年平均

4,579

2,502

2,077

対前年増減数

157

57

100

対前年増減率(%)

3.6

2.3

5.1

 

 syuugyouritu

         

  (2)主な産業別就業者の動向

就業者を主な産業別にみると、この3年間で「医療、福祉」、「卸売業、小売業」、

「教育、学習支援業」などで増加した。


主な産業別就業者数(男女計)

sanngyoubetu

主な産業別就業者数                                                                        (単位:千人)

就業者

産業別就業者(非農林業)

建設業製造業情報通信業

運輸業,

郵便業

卸売業,

小売業

金融業,

保険業

不動産業,

物品賃貸業

学術研究,

専門技術サービス業

宿泊業,

飲食サービス業

生活関連サービス業,

娯楽業

教育,

学習支援業

医療,

福祉

サービス業(他に分類されないもの)

男女計

平成29年

302

658

128

254

789

113

110

154

280

158

221

568

300

平成30年

318

676

134

263

808

106

108

151

273

151

224

580

307

令和元年

305

658

149

279

821

99

111

164

297

164

252

616

322

平成29年

262

464

90

206

388

50

69

94

120

64

92

140

175

平成30年

272

477

99

209

396

47

67

94

110

59

92

142

179

令和元年

248

468

108

221

398

42

67

100

112

69

110

160

190

平成29年

40

195

38

49

401

63

40

60

161

94

129

428

125

平成30年

46

199

35

54

412

59

41

58

163

92

132

438

129

令和元年

57

191

40

58

423

56

44

64

186

95

142

456

133

3 雇用形態

  正規の職員・従業員数(役員を除く)・・・・・・・230万1千人で、前年に比べ6万9千人(3.1%)増
  非正規の職員・従業員数(役員を除く)・・・・・159万3千人で、前年に比べ5万2千人(3.4%)増
  
  正規職員・従業員の割合・・・・・・・・・・・・・・・・59.1%で、前年に比べ0.1ポイント低下
  非正規職員・従業員の割合・・・・・・・・・・・・・・40.9%で、前年に比べ0.1ポイント増加

雇用形態別雇用者数                                        (単位:千人、%)

男女計

割 合

令和元年

対前年増減

令和元年

対前年増減

令和元年

対前年増減

令和元年

対前年増減

正規の職員・従業員

2,301

69

 1,542

30

 759

39

59.1%

△0.1

非正規の職員・従業員       (うちパート・アルバイト)

1,593 1,167  

52
55    

503 277

9   △3

 1089  890

 42    59

40.9%

0.1

 正規の職員・従業員と非正規職員・従業員の割合

seikihiseikiwariai

  注)割合は、「正規の職員・従業員」と「非正規の職員・従業員」の合計に占める割合。

4 完全失業者

(1)完全失業者の動向

   完全失業者数

             男女計・・・・・・・・・13万8千人で、前年に比べ9千人(6.1%)減
            男・・・・・・・・・ 7万9千人で、前年に比べ1万1千人(12.2%)減
            女・・・・・・・・・ 5万9千人で、前年に比べ2千人(3.5%)増


(2)完全失業率の動向

   完全失業率

             男女計・・・・・・・・・2.9%で、前年に比べ0.3ポイント低下
            男・・・・・・・・・3.1%で、前年に比べ0.5ポイント低下
            女・・・・・・・・・2.8%で、前年と同率

situgyouritusuii
  

(3)年齢階級別の動向

    年齢階級別
                        
         男・・・・・・・・・15歳から24歳の年齢階級で、前年に比べ完全失業者及び完全失業率ともに増加(上昇)したが、25歳から
                  34歳、35歳から44歳、45歳から54歳、55歳から64歳及び65歳以上の各年齢階級で減少(低下)した。 
         女・・・・・・・・・35歳から44歳、45歳から54歳、55歳から64歳及び65歳以上の各年齢階級で、前年に比べ完全失業者及び
                  完全失業率ともに増加(上昇) したが、25歳から34歳の年齢階級で減少(低下)した。
                  

  otokokanzensitugyousha  

 otokokanzensitugyouritu  

              


                     年齢階級別完全失業者数及び完全失業率           (単位:千人、%、ポイント)
 男女計
完全失業者完全失業率完全失業者完全失業率完全失業者完全失業率
(千人)対前年
増減
(%)対前年
増減
(千人)対前年
増減
(%)対前年
増減
(千人)対前年
増減
(%)対前年
増減
総    数

138

△9

2.9△0.379△113.1△0.55922.80.0
15歳から24歳2324.90.3152

6.7

0.8803.2△0.2
25歳から34歳31

△8

3.8△1.018

△2

4.1△0.513△63.4△1.7
35歳から44歳

27

△12.8△0.113△42.4△0.71423.30.5
45歳から54歳30 22.60.116

△1

2.5△0.31432.6

0.4

55歳から64歳17△32.3△0.510△42.3△1.17

1

2.10.1
65歳以上10△11.8△0.47△22.2△0.83

2

1.3

0.8

 

5 非労働力人口

  非労働力人口の動向

   非労働力人口

           男女計・・・・・・・・・302万8千人で、前年に比べ14万7千人(4.6%)減
         男・・・・・・・・・110万3千人で、前年に比べ4万9千人(4.3%)減
         女・・・・・・・・・192万6千人で、前年に比べ9万7千人(4.8%)減

   hiroudouryokujinkousuii

                                                              非労働力人口         (単位:千人、%)
   男女計    男 
平成30年平均3,175

 1,152  

 2,023

令和元年平均3,0281,1031,926
対前年増減数△147△49△97
対前年増減率(%)△4.6△4.3△4.8

 

 

 

このページの作成所属
総務部 統計課 人口・労働グループ

ここまで本文です。