平成12年度大阪府統計年鑑 第21章 文化(解説)

更新日:平成25年2月12日

平成12年度大阪府統計年鑑

図書館

 ここにいう図書館とは、図書館法に基づいて設置された公共図書館(学校図書館を除く)のうち、地方公共団体の設置する公立図書館をいい、私立図書館は含まれていない。
 平成11年度末現在の府下の図書館数(分館を含むが分室は含まない)は116館である。
 これを設置者別にみると、府立2館、大阪市立24館、その他の市立86館、町立4館となっている。
 これらの図書館に所蔵されている図書冊数は1740万7163冊で、うち、一般用図書が1266万3307冊(構成比72. 7%)、児童用図書が474万3856冊(同27. 3%)となっている。
 次に、貸出状況をみると、11年度中に貸出された冊数は5714万6073冊であった。
 また、貸出登録者数は、前年度に比べ9万9262人(5. 0%)増加し、207万1968人となった。 

宗教法人

 宗教法人とは、神道系、仏教系、キリスト教系、諸教等の神社、寺院、教会、その他の教団等で宗教法人法によって設立された法人をいい、府下の大阪府知事所轄宗教法人総数(平成11年度末現在)は6015法人で、前年度より、55法人(0. 9%)減少した。
 これを系統別にみると、神道系が22法人減の1031法人(構成比17. 1%)、仏教系が5法人減の3369法人(同56. 0%)、キリスト教系が2法人減の236法人(同3. 9%)で、諸教は26法人減の1379法人(同22. 9%)となっている。   
 次に、宗教法人数を市町村別にみると、大阪市が2178 法人(構成比36. 2%)で最も多く、以下、堺市460法人(同7. 6%)、東大阪市428法人(同7. 1%)と続き、この3市で全法人数の51.0%を占めている。

社会教育・スポーツ施設

 公立の社会体育・スポーツ施設数(平成11年4月1日現在)は、854所である。
 内訳をみると、運動広場が192所(構成比22. 5%)と最も多く、以下、テニスコート166所(同19. 4%)、体育館124所(同14. 5%)、水泳プール110所(同12. 9%)、野球場82所(同9.6%)、野外活動・キャンプ場・宿泊施設71所(同8. 3%)、その他の施設50所(同5. 9%)となっている。

興行場

 興行場法に基づく許可施設数(平成11年末現在)は243所で、前年と同数である。
 市町村別にみると、大阪市が172所で全体の70. 8%を占め、東大阪市12所、堺市と吹田市が10所となっている。
 また、種類別にみると、映画館が113所(前年より1所増)、スポーツ施設が13所、その他の施設が117所(前年より1所減)となっている。

このページの作成所属
総務部 統計課 情報企画グループ

ここまで本文です。