平成12年度大阪府統計年鑑 第10章 電気・ガス・上下水道(解説)

更新日:平成25年2月12日

平成12年度大阪府統計年鑑

電気

 平成1 1年度における電灯需要の契約口数をみると、465万6141口にのぼり、前年度の461万590口に比べ1.0% (4万555口)の増加となった。その内訳をみると、定額制が63万2155口(前年度比1. 5%増)、従量制が400万9232口(同0. 9%増)となっている。また、使用電力量は186億6707万kWhで、前年度に比べ1.8%の増加となり、1口当たりの年間使用量は4009 kWh(前年度比0. 8%増)となった。
 一方、電力需要についてみると、契約口数は55万359口で、前年度に比べ0. 5%の減少となった。また、使用電力量は410億1375万kWhで、前年度に比べ0. 01%の増加となっている。
 このうち、500kW未満の需要家数は54万7187件で、総需要家数の99. 4%と、大部分を占めている。契約電力では957万3469kW、使用電力量では174億2539万kWhとなり、それぞれ58. 9%、42. 5%のウェイトを占めている。前年度に比べ、契約電力は1. 4%の減少、使用電力量は0. 01%の増加となっている。
 なお、500 kW以上の大口電力契約による需要家数は3172件で、前年度に比べ1. 9%の減少となり、契約電力は666万7340kWと、1. 2%の減少、使用電力量は235億8837万kWhと、0. 7%の減少となっている。

ガス

 平成1 1年度中の大阪ガス株式会社における都市ガスの生産量は51億3665万m3で、前年度の46億8930万m3に比べ9. 5%の増加となった。
 一方、消費量は38億9873万m3で、前年度に比べ5. 0%の増加となった。これを内訳でみると、工業用が18億8072万m3で、前年度に比べ6. 5%の増加となり、商業用が5億4471万m3で、前年度に比べ0. 4%の増加、公用が1億3594万m3で、前年度に比べ10. 8%の増加、医療用が1億24万m3で、前年度に比べ6. 4%の増加、家庭用が12億3711万m3で、前年度に比べ4. 0%の増加となっている。
 なお、大阪府内の需要家の総数は362万1135戸で、前年度に比べ1. 2%の増加となっている。

上へ戻る

上下水道

上水道

 平成1 1年度における上水道の総給水量をみると、年間給水量は13億4224万m3で、前年度に比べ1.5%の減少となっている。これを地域別にみると、大阪市地域が5億1897万m3で、全体の38. 7%を占めている。
 栓数は297万3600件で、前年度に比べ0. 8%の増加となっている。
 また、1人1日平均給水量は421 l で、前年度に比べ1. 9%の減少となっている。これを市町村別にみると、1位が大阪市の558 lで、以下、泉佐野市の470 l、美原町の444 lの順となっている。
 工業用水の使用状況をみると、1日当たりの総使用量は、前年比0. 3%減の841万2184m3となっている。
 このうち、淡水の使用量は790万5900m3で、前年に比べ0. 1%の減少となっており、全体の94. 0%を占めている。これを水源別(淡水)にみると、回収水が大半の89. 0%を占めており、その内訳は、化学が51. 1%、石油・石炭が23. 1%、鉄鋼が16. 2%と、この3業種で回収水全体の約9割を占めている。

下水道

 府内における平成1 1年度末の下水道の普及率をみると、処理人口施設が82. 4%で、前年度より1.9ポイントの上昇となっている。このうち、大阪市地域は排水施設、処理施設ともに99. 9%と、ほぼ全域に普及している。
 また、都市下水路延長では、公共下水道への転用がすすんでいるが、都市計画決定が1万2582m、供用中が1万1982mとなっている。

このページの作成所属
総務部 統計課 情報企画グループ

ここまで本文です。