平成12年度大阪府統計年鑑 第2章 気象(解説)

更新日:平成25年2月12日

平成12年度大阪府統計年鑑

概況(平成11年)

1月

 この月は、冬型の気圧配置は長続きしなかった。移動性高気圧に覆われることが多く、晴れの日が多かった。月平均気温は平年に比べやや高く、月降水量はやや少なかった。また、月間日照時間はかなり多く、1969年の統計開始以降で最多となった。

2月

 この月は、一時的に冬型の気圧配置が強まり気温が下がったものの、長続きすることが少なく、天気は概ね周期的に変化した。また、日平均気温の変動が大きかった。月平均気温、月降水量は平年並、月間日照時間はやや多かった。

3月

 この月は、天気は周期的に変化した。移動性高気圧に覆われて晴れた日が多く、前半を中心に気温が高かった。月平均気温はかなり高く、昨年と並んで1883年の統計開始以降で最高値を記録した。また、月降水量はやや多く、月間日照時間はやや少なかった。

4月

 この月は、移動性高気圧と気圧の谷が数日の周期で交互に日本付近を通過し、天気は概ね周期的に変化した。期間を通してまとまった雨の降ることが少なく、特に、下旬は大阪で5.5mmと平年に比べ14%の降水量となった。月平均気温は平年並、月降水量はかなり少なく、月間日照時間はやや少なかった。

5月

 この月は、上旬・中旬は、東西に延びる帯状の高気圧や移動性高気圧に覆われ晴れて気温の高い日が多く、また、まとまった雨の降った日は1日(5月4日)しかなかった。下旬は低気圧や前線の影響で、曇りや雨の日が多かった。月平均気温はかなり高く、月降水量は平年並、月間日照時間はやや多かった。

6月

 この月は、前半は、移動性高気圧に覆われて晴れる日もあり、まとまった雨の降ることが少なく、気温は平年に比べてやや高めで経過した。後半は、梅雨前線の活動が次第に活発となり、雨の日が多く、特に、下旬には大雨による災害が各地で発生した。大阪での月降水量は404.5mmとなり、平年に比べて約2倍(196%)の降水を記録した。月平均気温は平年並、月降水量はかなり多く、月間日照時間は平年並たった。 

 上へ戻る

7月

 この月は、上旬から下旬はじめにかけては、一時的に北からの高気圧に覆われて晴れる時期があったものの、梅雨前線や熱帯低気圧の影響で、曇りや雨の日が多かった。その後は、太平洋高気圧が強まり、晴れる日が多くなった。月平均気温、月降水量、月間日照時間はともに平年並たった。

8月

 この月は、上旬と終わりは太平洋高気圧に覆われて概ね晴れた。その他は熱帯低気圧や前線の影響で、曇りや雨の日が多かった。月平均気温はやや高く、月降水量はやや多く、月間日照時間は平年並だった。

9月

 この月は、太平洋高気圧が平年に比べて強く、残暑が厳しかった。下旬半ば頃までは、太平洋高気圧の縁に沿って南から入る暖かく湿った空気や秋雨前線・台風の影響で、曇りや雨の日が比較的多かったが、その後は移動性高気圧に覆われて晴れる日が続いた。月平均気温はかなり高く、月降水量、月間日照時間はともに平年並だった。

10月

 この月は、月の半ば頃、西日本付近に停滞する前線の影響で天気のぐずつく時期があったものの、下旬を中心に移動性高気圧に覆われて晴れる日が多かった。月平均気温はかなり高く、月降水量、月間日照時間はともにやや多かった。

11月

 この月は、気圧の谷の影響で天気が崩れる日はあったものの、移動性高気圧に覆われて晴れる日が多かった。下旬の後半は冬型の気圧配置が続き、気温が低くなった。月平均気温はやや高く、月降水量、月間日照時間はともに平年並だった。

12月

 この月は、上旬に気圧の谷の影響で雨の降る日があったものの、月を通じて天気の大きな崩れはなく、冬型の気圧配置となる日や高気圧に覆われる日が多く、晴れる日が多かった。また、中旬・下旬の大阪の降水量は0.0mmだった。月平均気温はやや高く、月降水量はかなり少なく、月間日照時間はかなり多かった。

このページの作成所属
総務部 統計課 情報企画グループ

ここまで本文です。