平成9年度大阪府統計年鑑 第23章 司法及び警察(解説)

更新日:平成25年2月12日

平成9年度大阪府統計年鑑

民事、行政事件

 平成8年中に府下の各裁判所が扱った新受理件数は、23万4717件で、前年に比べ1万5688件(7.2%)の増となっている。
 新受理件数を裁判所別にみると、簡易裁判所が14万7033件(構成比62.6%)で、前年より1万4093件(10.6%)増、地方裁判所が8万123件(構成比34.1%)で、前年より1345件(1.7%)増、高等裁判所(近畿2府4県)が7561件(構成比3.2%)で、前年より250件(3.4%)増となっている。
 なお、既済件数は1万8054件(8.3%)増の23万4560件、未済件数は157件(0.3%)増の6万707件となっている。

刑事事件

 平成8年中に府下の各裁判所が扱った新受理件数は14万1199件で、前年に比べ1万1614件(9.0%)の増となっている。
 新受理件数を裁判所別にみると、簡易裁判所が11万5991件で、前年より9952件(9.4%)増、地方裁判所が2万3540件で、前年より1567件(7.1%)増、高等裁判所(近畿2府4県)が1668件で、前年より95件(6.0%)増となっている。

家事事件

 平成8年中に家庭裁判所が取り扱った家事審判事件の新受理件数は2万4507件と前年に比べ1157件(5.0%)の増となっている。主な事件の構成比をみると、「子の氏の変更」が45.4% (1万1132件)、「相続放棄」が20.8% (5099件)、「精神障害者保護義務者選任等」が7.2% (1755件)、「特別代理人選任」が4.2% (1021件)となっており、この4事件で全体の77.6%を占めている。
 家事調停事件の新受理件数は6799件で、前年に比べ487件(7.7%)の増である。主な事件の構成比をみると、「婚姻中の夫婦間の事件」が48.0% (3262件)と全体の約半分を占めており、次いで、「子の監護処分」の9.9% (674件)、以下、「親権者変更等」の9.1%(620件)、「遺産分割」の8.5% (581件)となっている。

少年保護事件

 平成8年中における少年保護事件の新受理人員は2万4822人で、前年に比べ1103人(4.7%)の増となっている。
 法令別にみると、「道路交通法違反等」が9147人(構成比36.9%)、「窃盗」が6612人(同26.6%)、「業務上過失致死傷等」が3159人(同12.7%)等となっている。
 また、刑法犯は1万4507人(構成比58.4%)で、前年に比べ514人(3.7%)の増、特別法犯は1万204人(構成比41.1%)で、前年に比べ593人(6.2%)の増となっている。          
 刑法犯の内訳では、「強盗・強盗致死傷等」が98人(92.5%)増、「横領」が484人(18.4%)増、「窃盗」500人(8.2%)増等となっており、「強姦」が14人(41.2%)、「暴行」が12人(15.6%)減等となっている。
 次に、平成8年の少年院の入出院状況をみると、新収容者は363人で、前年に比べ60人(19.8%)の増となっており、退院者(仮退院を含む)は322人で、前年に比べ72人(28.8%)の増となっている、

人権侵犯事件

 大阪法務局が平成8年中に取り扱った新受理件数は542件で前年に比べ27件(5.2%)の増となっている。
 事件別にみると、「名誉、信用等に対する侵犯」が164件(構成比30.3%)、「住居の安全に対する侵犯」が137件(同25.2%)等となっている。

刑法犯

 平成8年中に大阪府警察本部が取り扱った刑法犯認知件数は18万4913件で、前年に比べ2964件(1.6%)の増、検挙件数は6万3850件(検挙地主義)で、前年に比べ688件(1.1%)の増となっている。                                  
 罪種別では、窃盗犯が16万2228件で全体の87.7%を占め、次いで、知能犯が1万197件(構成比5.5%)、その他が8542件(同4.6%)と、この3種で認知件数全体の97.8%を占めている。
 刑法犯少年検挙補導人員は1万8811人で、前年に比べ1129人(6.4%)の増となっている。                 
 罪種別では、窃盗犯(1万1104人)、その他(5593人)、粗暴犯(1803人)の順となっている。
 また、年齢別では、15才の3702人、14才の3670人、16才の2855人の順となっており、依然、中学生の検挙補導人員が多くなっている。
 ぐ犯・不良行為等の補導人員は7万2726人で、前年に比べ8294人(12.9%)の増となっている。
 行為別にみると、「喫煙」が3万9336人で全体の54.1%を占め、以下、「深夜はいかい」が2万993人、「暴走行為」が2858人、「怠学」が2080人の順となっている。

このページの作成所属
総務部 統計課 情報企画グループ

ここまで本文です。