How to 統計グラフ  統計グラフの作り方

更新日:平成25年9月10日

【はじめに】

  私たちの周りでは、様々な統計調査が行われており、その結果として、いろいろな統計が作成されています。しかし、統計表に並べられた生の「統計数字」は一見するだけではわかりにくく、そこから社会的な事象や問題点を理解することはなかなか困難です。
   
  このような難点を克服するため、統計表の数字をグラフで表現するという手法が多く用いられています。グラフ化することにより、視覚に直接訴え、統計の背後にある事象の理解を容易にし、身近なものとしてわかりやすく説明することができます。新聞や雑誌、テレビなどでよく見かける、円グラフ、棒グラフ、折れ線グラフなどはその一例です。
   
  このような統計グラフには、表現上の約束ごとが決められています。これらの約束ごとは、統計が表していることを、見る人に正確に伝えるために極めて重要です。また、約束ごとを知っているということは、見る人自身にとっても、統計グラフを正しく理解するうえで役に立つことになります。

1.グラフのしくみ

   グラフが一般に備えるべき要素とその形式については、例図で記した事柄があげられます。
これらのうち、主な事柄について説明します。

グラフのしくみ 例図

(1)表題
       これについては、なるべく簡単明瞭で、わかりやすい表題をグラフの上の部分に書きます。
     なお、表題の類別や場所(地域)、時期等を、表題に書き添えることがあります。
   
(2)目盛り単位
       目盛り単位は通常左側の最上部に書かれています。目盛りの基点(最下部)は「0」とします。
      
(3)目盛り数字
        目盛り数字は縦軸の左側、目盛りは外側につけます。水平棒グラフや帯グラフなどの場合上部に書かれていますが、
   グラフの両側につけられたものもあります。

(4)凡例、脚注など
    図の下部に書くのが一般的ですが、右側、あるいは、図表の中の空白部分に書き込むこともあります。

                                                                   △上へ戻る

2.グラフの種類について

(1)棒グラフ

棒グラフのイメージ図     棒グラフは、数や量を棒の長さで表します。棒の長さを見れば大小がわかるので、数や量の違いを簡単に見つけることができます。
   
         棒グラフの作り方はこちら     

(2)絵グラフ

絵グラフのイメージ図     絵グラフは、調べたテーマに関連した絵を用いて表したグラフです。絵1つあたりの量はデータに応じて、それぞれ表します。
 結果は棒グラフと同じですが、数や量が絵で表されているため、棒グラフよりわかりやすくなります。

             絵グラフの作り方はこちら 

(3)折れ線グラフ

折れ線グラフのイメージ図    折れ線グラフは、時間の移り変わりによって起きる変化を表すことができます。グラフの傾きから、変化があるかどうかのほか、
  急な変化、ゆるやかな変化などもわかります。 
   
            折れ線グラフの作り方はこちら     

(4)円グラフ    

円グラフのイメージ図  円グラフは、円全体を100%と考え、割合ごとに区切って使います。全体に対する部分、部分同士の関係を比べることができます。
      
     円グラフの作り方はこちら 

(5)帯グラフ 

帯グラフのイメージ図 帯グラフは、全体を100%と考え、長方形の中の割合ごとに区切って使います。円グラフと違う点は、帯グラフを並べたときに、割合の変化がわかりやすいことです。     

             帯グラフの作り方はこちら    

(6)柱状グラフ

柱状グラフのイメージ図    柱状グラフは「ヒストグラム」ともいわれ、棒グラフと違って、棒同士がくっついています。柱状グラフは、記録や点数などの
  ばらつきを 階級ごとにまとめて、傾向や平均を見ることができます。

            柱状グラフの作り方はこちら

                                                                          △上へ戻る                          
    

このページの作成所属
総務部 統計課 情報分析グループ

ここまで本文です。