大阪の学校統計(学校基本調査速報)

サブメニューを飛ばして本文へ

ここから本文です。

更新日:平成29年8月3日

平成29年度「大阪の学校統計」学校基本調査速報調査結果の概要

1 学校数の推移

幼稚園、小学校、中学校で前年度より減少

 

学校数の推移

  • 幼稚園は649園で、前年度より30園減少(33年連続減少)
  • 幼保連携型認定こども園は434園で、前年度より103園増加(2年連続増加) 
  • 小学校は1,011校で、前年度より4校減少(7年連続減少)
  • 中学校は527校で、前年度より1校減少(3年連続減少)
  • 高等学校(全日制・定時制)は258校で前年度より1校増加

 上へ戻る

 

2 在学者数の推移

幼稚園、小学校、中学校、高等学校(全日制・定時制)で前年度より減少

(1)在学者数

在学者数の推移

  • 幼稚園は92,129人で、前年度より5,468人減少(ピーク時 昭和52年度211,460人の43.6%)
  • 幼保連携型認定こども園は68,936人で、前年度より15,440人増加
  • 小学校は441,162人で、前年度より3,424人減少(ピーク時 昭和55年度921,519人の47.9%)
  • 中学校は232,262人で、前年度より5,938人減少(ピーク時 昭和61年度460,931人の50.4%)
  • 高等学校(全日制・定時制)は232,282人で、前年度より3,298人減少(ピーク時 平成元年度426,706人の54.4%)

 

(2)1学級当たりの在学者数 

1学級当たりの在学者数の推移

  • 幼稚園は24.3人で、前年度から横ばい
  • 幼保連携型認定こども園(3から5歳児)は23.7人で、前年度より0.1人増加
  • 小学校は23.8人で、前年度より0.5人減少
  • 中学校は28.6人で、前年度より0.4人減少

 (3)教員(本務者)1人当たりの在学者数

教員(本務者)1人当たりの在学者数の推移
 

  • 幼稚園は14.0人で、前年度より0.5人減少
  • 幼保連携型認定こども園は6.4人で、前年度より0.2人減少
  • 小学校は15.9人で、前年度より0.3人減少
  • 中学校は13.8人で、前年度より0.3人減少
  • 高等学校(全日制・定時制)は15.5人で、前年度より0.1人減少

 上へ戻る

 

3 教員数(本務者)の推移

幼稚園、中学校、高等学校(全日制・定時制)で前年度より減少

教員数(本務者)の推移

  • 幼稚園は6,590人で、前年度より151人減少(5年連続減少)
  • 幼保連携型認定こども園は10,768人で、前年度より2,635人増加(2年連続増加)
  • 小学校は27,792人で、前年度より299人増加(5年連続増加)
  • 中学校は16,829人で、前年度より114人減少(2年連続減少)
  • 高等学校(全日制・定時制)は14,975人で、前年度より142人減少

 上へ戻る

4 女性教員(本務者)および女性管理職(*1)の割合の推移

女性教員(本務者)及び女性管理職の割合の推移(幼稚園、小学校)

女性教員(本務者)及び女性管理職の割合の推移(中学校、高等学校(全日制・定時制))

  • 幼稚園は、総数に占める割合、管理職に占める割合ともに、10年でほぼ横ばい。
  • 小学校は、総数に占める割合は10年で4.7ポイント低下、管理職に占める割合は10年で6.9ポイント上昇
  • 中学校は、総数に占める割合は10年で0.6ポイント上昇、管理職に占める割合は10年で1.2ポイント上昇
  • 高等学校(全日制・定時制)は、総数に占める割合は10年で4.0ポイント上昇、管理職に占める割合は10年で1.3ポイント上昇

(*1)
 ・管理職とは教員のうち、校長または園長、副校長または副園長、教頭の数である
 ・「総数に占める割合」=教員数(女性)/教員数(男女計)で算出
 ・「管理職に占める割合」=管理職の数(女性)/管理職の数(男女計)で算出

 上へ戻る

5 高等学校(全日制・定時制)の入学定員・入学志願者数・入学者数の推移

 

入学定員・入学志願者数・入学者数の推移(高等学校(全日制・定時制))

 上へ戻る

6 幼稚園・幼保連携型認定こども園の園数の全国比較

幼稚園・幼保連携型認定こども園の園数の全国比較

 

  • 幼稚園数は、649園で大阪府は全国で3番目に多い。
  • 幼保連携型認定こども園数は、434園で全国で最も多い。

上へ戻る

7 小学校第1学年児童に占める幼稚園及び幼保連携型認定こども園修了者数の推移

小学校第一学年児童に占める幼稚園及び幼保連携型認定こども園修了者数の推移
(注)平成28年度から小学校第1学年には、義務教育学校第1学年を含んでいる。



 上へ戻る

8 特別支援学校

学校数、在学者数、教員数(本務者)ともに過去最高

特別支援学校の学校数・在学者数・教員数(本務者)の推移

  • 学校数は51校で前年度と同数
  • 在学者数は9,393人で前年度より178人増加(21年連続増加)
  • 教員数(本務者)は、5,417人で96人増加(28年連続増加)

 上へ戻る

9 専修学校・各種学校

 専修学校の生徒数は6年連続増加
 各種学校の学校数は昭和51年度から減少傾向

専修学校、各種学校の学校数及び生徒数の推移

  • 専修学校の学校数は227校で、前年度より3校増加
  • 専修学校の生徒数は73,006人で、前年度より1,094人増加(6年連続増加)
  • 各種学校の学校数は43校で、前年度より1校減少(昭和51年度から減少傾向)
  • 各種学校の生徒数は10,755人で、前年度より114人増加(2年連続増加)

 上へ戻る

 

10 中学校の卒業後の状況 

高等学校等進学率は98.5%で過去最高
卒業者に占める就職者の割合は0.3%で過去最低

 

中学校の卒業者数、進学率、卒業者に占める就職者の割合

  • 卒業者は81,622人で3年連続減少(ピーク時 昭和63年度153,542人の53.2%)
  • 高等学校等進学率は98.5%で前年より0.1ポイント上昇(過去最高)
  • 卒業者に占める就職者の割合は0.3%(過去最低)

 

大阪府と全国の高等学校等進学率の推移等

  • 進学率は、全国平均の98.8%より0.3ポイント低い
  • 卒業者に占める就職者の割合は、全国平均の0.3%と同程度

上へ戻る

11 高等学校(全日制・定時制)の卒業後の状況

大学等への進学率が減少
専修学校(専門課程)への進学率、卒業者に占める就職者の割合が上昇

高等学校(全日制・定時制)の卒業者数、進学率、卒業者に占める就職者の割合

  • 卒業者は75,495人で3年連続増加(ピーク時 平成3年度135,563人の55.7%)
  • 大学等への進学率は59.8%で前年より0.6ポイント低下
  • 専修学校(専門課程)への進学率は15.0%で前年より0.2ポイント上昇
  • 卒業者に占める就職者の割合は11.7%で、前年より0.1ポイント上昇

大阪府と全国の大学等進学率の推移等

高等学校(全日制・定時制)の正規・非正規別卒業者に占める就職者の割合

  • 大学等への進学率は全国平均の54.7%よりも5.1ポイント高い
  • 卒業者に占める就職者の割合は全国平均の17.8%より、6.1ポイント低い
  • 卒業者に占める就職者の割合のうち正規雇用の割合は11.5%、非正規雇用は0.2%となり、正規雇用は全国平均の17.7%より、6.1ポイント低い

上へ戻る

このページの作成所属
総務部 統計課 勤労・教育グループ

ここまで本文です。