消費者物価指数 しくみと利用上の注意

サブメニューを飛ばして本文へ

ここから本文です。

更新日:令和元年12月27日

利用上の注意
公表予定日
消費者物価指数のしくみ
 

利用上の注意

速報値と確報値

  この速報に掲げる数値は、小売物価統計調査による大阪市内の中旬調査分を
  大阪府が独自に集計したものですので、1か月後の確報値とは異なることがあります。

  確報値は、総務省が上旬及び下旬調査分を加えたうえで改めて集計したものです。

 
 
 公表値に使用する小売物価統計調査のデータ

 

上 旬

中 旬

下 旬

 

生鮮品目のみを調査

全品目を調査

生鮮品目のみを調査

速報値(大阪府集計)

確報値(総務省集計)

               ○:使用している小売物価統計調査のデータ
 

小売物価統計調査の調査日

   上旬調査  5日を含む週の水曜日 ・ 木曜日 ・ 金曜日
   中旬調査 12日を含む週の水曜日 ・ 木曜日 ・ 金曜日
   下旬調査 22日を含む週の水曜日 ・ 木曜日 ・ 金曜日
 

変化率 及び 寄与度について

  変化率及び寄与度は、端数処理前の指数値を用いて計算しているため、
  公表された指数値を用いて計算した値とは一致しない場合があります。
 

公表予定日 (大阪市消費者物価指数 速報)

※公表日は原則として毎月26日を含む週の金曜日となっています。 

令和2年 1月分     令和2年 1月31(金曜日)    午前10時

令和2年 2月分     令和2年 2月28(金曜日)    午前10時

令和2年 3月分     令和2年 3月27(金曜日)    午前10時

消費者物価指数のしくみ

1 消費者物価指数とは

  消費者物価指数とは、一般家庭で消費目的のために購入するいろいろな商品の小売価格やサービス料金の調査結果を使って、それぞれ集計し、その月ごとの動きをみるために基準となる時点と比較して指数化したものです。

2 作成方法

  計算方法は以下のとおりです。

  1. 「小売物価統計調査」で大阪市内の約800店舗及び約1,000世帯からあらかじめ指定された585品目の価格及び料金(約5,700価格)を調査。
  2. 各品目の平均価格(比較時価格)を計算。
  3. 各品目の平均価格を、現在基準としている2015年(平成27年)1年間の各品目の平均価格(基準時価格)と比べ品目別の指数を計算。
  4. 品目別指数に各品目のもつ家計支出全体に占める重要度(ウエイト)を加味し上位のグループ別指数(類指数)に積み上げ計算。
  5. グループ別指数に応対した重要度(グループに属する品目の重要度の総和)を加味し順次上位分類へと積み上げ、総合指数を求める。


   計算方法について詳細は下記の総務省統計局ホームページをご覧ください。
   総務省統計局 「消費者物価指数のしくみと見方 -2015年基準消費者物価指数-」(外部サイトを別ウインドウで開きます)

 


 

このページの作成所属
総務部 統計課 物価・家計グループ

ここまで本文です。