経済産業省生産動態統計調査

更新日:平成31年4月4日

調査の概要経済産業省生産動態統計調査は、鉱工業生産の毎月の生産高、出荷高、在庫高等を明らかにし、鉱工業に関する施策の基礎資料を得ることを目的として実施しています。

調査時期
(調査周期)

毎月
調査の対象経済産業省生産動態統計調査規則に定める範囲に属する鉱産物及び工業品を生産(加工を含む)する事業所又は企業を対象にしています。
大阪府では、機械関連製品、繊維関連製品及び雑貨関連製品を生産する一定従業者規模以上の約310事業所。
調査事項鉱産物及び工業品のうち、機械関連製品、繊維関連製品及び雑貨関連製品の生産高、出荷高、在庫高(品目によっては、原材料、燃料及び動力、従業者、機械及び設備)
調査方法対象事業所に郵送で調査票を配布し回収します。
また、一部の事業所については、調査員が調査票を配布し回収します。
なお、オンラインで直接、経済産業省に提出することも可能です。
結果の公表調査結果は、大阪府及び国(経済産業省)において公表します。
府が公表するもの
・大阪府工業指数(月報)…翌々月の下旬
・大阪府工業指数(四半期報)…5月、8月、11月、2月の末(3か月毎)
・大阪府工業指数(年速報)…翌年の3月下旬
・大阪府工業指数(年確報)…翌年の9月下旬
国が公表するもの
・経済産業省生産動態統計調査(速報)…翌月の下旬
・経済産業省生産動態統計調査(確報)…翌々月の中旬
・経済産業省生産動態統計調査(年報)…翌年の6月下旬
結果の利用・鉱工業に関する施策の基礎資料
・工業指数の作成資料
・景気動向把握のための基礎資料

関係リンク
(調査結果等)

大阪府
  ・大阪府工業指数 生産・出荷・在庫の推移(月報/四半期報/年報
経済産業省
  ・経済産業省生産動態統計調査(外部サイトを別ウインドウで開きます)

担当
(問い合わせ先)

大阪府総務部統計課 商工業動態グループ
電話:06-6210-9209

このページの作成所属
総務部 統計課 商工業動態グループ

ここまで本文です。