住宅・土地統計調査

更新日:平成25年7月26日

調査の概要

住宅・土地統計調査は、住宅等に関する実態並びに現住居以外の住宅及び土地の保有状況その他の住宅等に居住している世帯に関する実態を調査し、その現状と推移を全国及び地域別に明らかにすることにより、住生活関係諸施策の基礎資料を得ることを目的としています。
昭和23年以来5年ごとに実施してきた住宅統計調査の内容を拡充するとともに、調査名を変更したものであり、平成25年住宅・土地統計調査はその14回目にあたります。

調査時期
(調査周期)

平成25年10月1日現在(5年周期)
(次回は平成30年実施予定)
調査の対象平成22年国勢調査調査区のうち総務大臣の指定する調査区とし、調査の対象はこの調査区に所在する住宅等及びこれらに居住する世帯
府内約255,000住戸(世帯)
調査事項平成25年住宅・土地統計調査では,世帯に配布する調査票甲及び乙並びに調査員が記入する建物調査票により,次に掲げる事項を調査します。
1 住宅等に関する事項
2 住宅に関する事項
3 世帯に関する事項
4 家計を主に支える世帯員又は世帯主に関する事項
5 住環境に関する事項
6 現住居以外の住宅及び土地に関する事項
調査方法

調査員が調査票を世帯ごとに配布し、取集することにより行います。
なお、平成25年住宅・土地統計調査では、調査票の提出に代えてインターネットによる回答(オンライン調査)も可能としています。

結果の公表集計は、独立行政法人統計センターにおいて行います。
主な結果については、都道府県、市町村等の地域別にも集計されます。
調査の結果は報告書の刊行、インターネットにより、集計後速やかに公表します。
結果の利用国民の住生活関係の種々の計画や施策の基礎資料、住宅関係の分析、学術研究などにおける利用。

関係リンク
(調査結果等)

大阪府
  ・住宅・土地統計調査
総務省統計局
  ・住宅・土地統計調査(外部サイト)

担当
(問い合わせ先)

大阪府総務部統計課 人口・労働グループ
電話:06-6210-9197

このページの作成所属
総務部 統計課 人口・労働グループ

ここまで本文です。