大阪おもてなし環境向上のための水準調査事業

更新日:平成29年4月17日

大阪おもてなし環境向上のための水準調査事業

 近年大阪府には、多数の外国人旅行者が来訪しています。今後も2020年東京オリンピック・パラリンピック等を控え、さらなる旅行者の増加が見込まれています。

 そうした中、大阪が世界有数の国際都市に発展するため、受入環境整備の整備計画の資料として活用するとともに、府内の観光関連事業者の受入環境の整備に寄与することを目的として、大阪府内各地域における外国人旅行者の受入環境の整備水準を測定、評価、分析する調査を行いました。

 

(1)大阪府内観光拠点受入環境整備水準実地調査

  大阪府内の観光拠点における案内、誘導表示の設置状況並びに多言語化の実施状況について実地調査を行いました。

Word

PDF

大阪府内観光拠点受入環境整備水準実地調査結果報告書

[Wordファイル/5.33MB][PDFファイル/3.05MB]
 

 

(2)大阪府内観光関連施設受入環境整備水準調査

   大阪府内の観光関連事業者等に対し、受入環境整備に関するアンケート調査を行いました。

 

WordまたはExcelPDF
大阪府内観光関連施設受入環境整備水準調査結果報告書調査報告書 [Wordファイル/3.8MB]
クロス集計表 [Excelファイル/155KB]
[PDFファイル/2.65MB]

このページの作成所属
府民文化部 都市魅力創造局企画・観光課 観光環境整備グループ

ここまで本文です。