過去の宿泊税活用事業

更新日:平成29年4月17日

2016年度大阪府宿泊税活用事業一覧

  2016年度の宿泊税充当事業は、以下のとおりです。

観光客と地域住民相互の目線に立った受入環境整備の推進

事業名称

事業概要

2016年度
宿泊税活用額(予算)

大阪おもてなしステーション(仮称)整備運営費近年の旅行者の急増に伴う相談等の増加や多様化する旅行者のニーズへ対応するとともに、更なるリピーターの確保をめざし、外貨両替等の民間が実施するサービスと連携して、旅行時のトラブル対応などを一体的にワンストップで提供する場として「大阪おもてなしステーション(仮称)」を整備。

51,933千円

多言語化緊急対応整備補助金急増する観光客に対応するため、府内の観光施設等において、多言語表示の観光案内板を設置するなど、多言語化の促進に資する取組みについて、その一部を支援する。

25,000千円

外国人旅行者安全確保事業

外国人旅行者が急増する中、災害時における外国人旅行者の安全確保が急がれることから、安全確保に向けた支援体制の構築を行う。

1,409千円

大阪おもてなし環境向上のための水準調査事業観光庁の「受入環境整備水準の評価ガイドライン」を基に、府内の宿泊施設や観光施設など、旅行者を受け入れる諸施設における受入環境整備の水準調査を行い、その結果を各施設にフィードバックを行う。

5,000千円

魅力づくり及び戦略的なプロモーションの推進

事業名称事業概要2016年度
宿泊税活用額(予算)
国内外からの誘客促進事業御堂筋、水の回廊、太陽の塔などの大阪のシンボリックなエリアにおいて、国内外に発信できる集客装置を活用して国内外からの話題を集め、多くの方が大阪に来ていただくための起爆剤となるような誘客促進事業を実施。

30,000千円

水都大阪観光資源整備事業水の回廊を中心に、水辺の魅力を今後、さらに国内外から大阪を訪れる人々に満喫していただくため、最重要拠点である「北浜・中之島東部エリア」において、アート空間や水上ステージ等、船から見える景色、船が行き交う景色を意識した魅力空間の創出を行う。

20,000千円

古市古墳群来訪者受入環境整備事業古市エリアの来訪者の要衝である西名阪自動車道の高架下を活用し、古市古墳群の紹介する拠点施設の整備に伴い、来訪者の利便施設を整備。

375千円

徴税コスト

事業名称

事業概要

宿泊税活用額

宿泊税導入推進事業費特別徴収義務者に対する徴収奨励金及び帳票等の徴税費用等 
制度周知のための広報経費等

13,181千円

宿泊税導入推進事業費
(2016年度導入経費への充当)
税徴収に係るシステム開発経費等宿泊税導入に係る経費の償還分

23,102千円


このページの作成所属
府民文化部 都市魅力創造局企画・観光課 観光環境整備グループ

ここまで本文です。