(募集は終了しました)大阪歴史博物館 特集展示「月岡雪鼎とその一門−大坂の肉筆浮世絵−」の招待券をホームページ読者にプレゼント!!

更新日:平成27年1月21日

当選者発表

多数のご応募ありがとうございました。

当選者へのご連絡は、プレゼントの発送をもって代えさせていただきます。

当選者(※順不同)

大阪府泉北郡忠岡町 與 様

大阪府阪南市 吾妻 様

大阪府堺市 上田 様

兵庫県尼崎市 大森様

大阪府大阪市 木下様

大阪府八尾市 T様

大阪府大阪市 常山様

大阪府大阪市 N様

兵庫県神戸市 M様

大阪府泉南郡熊取町 山口様

 大阪歴史博物館 特集展示「月岡雪鼎とその一門−大坂の肉筆浮世絵−」の招待券をホームページ読者にプレゼント!

 唐子遊図 月岡雪鼎筆 個人蔵

プレゼント内容

大阪歴史博物館 特集展示 月岡雪県とその一門 大坂の肉筆浮世絵の招待券を抽選で10組20名様にプレゼント

貴美人図 月岡雪鼎筆 個人蔵

【貴美人図 月岡雪鼎筆 個人蔵】

【提供 大阪歴史博物館(http://www.mus-his.city.osaka.jp/)様】

 【応募締切:平成27年1月15日(木曜日)必着】



大阪歴史博物館では、平成27年1月7日(水曜日)から2月16日(月曜日)まで8階特集展示室において、特集展示「月岡雪鼎(つきおかせってい)とその一門−大坂の肉筆浮世絵−」を開催します。

近江に生まれ、江戸時代中期の大坂で活躍した月岡雪鼎(1710または1726から1786)は、独特の美人表現を創り出し、その作品は今もなお国内外で高い評価を受けています。

雪鼎の描いた色白で鼻筋の通った瓜実顔(うりざねがお)の美人は、大坂や京都の富裕な人々に好まれました。雪鼎は美人画のみならず、狩野派や雪舟流の表現も駆使してさまざまな作品を描き、肉筆画のほか絵本の挿絵をはじめ出版にも深くかかわりました。なかでも和漢の名画を写した画集を出版し、これは人々の絵画制作や鑑賞において大きな手助けとなりました。

雪鼎には、後を継いで美人画を得意とした月岡雪斎(つきおかせっさい)ら多数の門人がいます。彼らは師の画風を受け継ぐかたわら、それぞれの関心に基づいた表現を追求し、大坂の絵画界に多彩な表現をもたらしました。

本展では当館寄託品と館蔵品を中心にして雪鼎の画業を紹介します。あわせて雪鼎の門人や孫弟子の作品も展示し、大坂の絵画界における影響力の大きさをご覧いただきます。

 
 

【会  期】 平成27年1月7日(水曜日)から2月16日(月曜日)
        毎週火曜日休館

【開館時間】 午前9時30分から午後5時(金曜日は午後8時まで)
         
(ただし、入館は閉館の30分前まで)

【会  場】 大阪歴史博物館8階特集展示室(常設展示場内)
       〒540-0008 大阪市中央区大手前4丁目1番32号
       電話06-6946-5728 ファクシミリ06-6946-2662
       
http://www.mus-his.city.osaka.jp/
       (最寄駅)地下鉄谷町線・中央線「谷町四丁目」駅 2・9号出口
            大阪市営バス「馬場町」バス停前

【展示資料数】 約20点

主な展示資料

(1)貴美人図 月岡雪鼎筆 個人蔵

貴美人図 月岡雪鼎筆 個人蔵


画面の手前には美しい着物をまとった女性と公家の装束に身を包んだ男性を描き、背後には追手が描かれる。

女性をさらって東国へ向かった男の話を記す『伊勢物語』の「芥川(あくたがわ)」を主題にしたと考えられる。細やかな着物の文様や瓜実顔に描かれた貴人の姿は雪鼎の典型的な人物像である。

  

 

(2)唐子遊図 月岡雪鼎筆 個人蔵

唐子遊図 月岡雪鼎筆 個人蔵

唐子遊図 月岡雪鼎筆 個人蔵


遊ぶ子どものさまざまな姿を描いた唐子遊びの屏風。

切れ込みの入った旗を持ち、馬のおもちゃにまたがる子どもや、つばの広い帽子をかぶり長いラッパを吹く子どもの姿は、江戸時代に朝鮮から日本へ派遣された朝鮮通信使の姿をイメージさせ、可愛さとともに異国情緒も豊かな表現となっている。




(3)源経基像 岡田玉山筆 本館蔵

源経基像 岡田玉山筆 本館蔵

平安時代中期の武将源経基(みなもとのつねもと)を描く。経基は、平将門(たいらのまさかど)の乱や藤原純友(ふじわらのすみとも)の乱の平定に加わり、後に鎮守府将軍となった。

作者は月岡雪鼎の弟子岡田玉山(おかだぎょくざん1737から1812)。武具の部品や着衣の文様、熊の敷皮の毛の様子など細やかな描写からは雪鼎の影響を感じさせる。

上部には江戸時代の大坂の儒学者篠崎応道(しのざきおうどう 1737から1813)によって記された賛がある。

関連事業

学芸員による展示解説

日 時:平成27年1月10日(土曜日)、1月17日(土曜日) 午後2時より30分程度

担 当:当館学芸員 岩佐伸一

会 場:大阪歴史博物館 8階 特集展示室内

参加費:無料(ただし、入場には常設展示観覧券が必要です)

参加方法:当日直接会場へお越しください。
 

応募方法


次の2つの方法のいずれかでお申し込みください。
(1) パソコンによるお申し込み

⇒ 
応募申込画面

※ パソコンで申し込まれる場合、システムのメンテナンス作業等のため、火曜日及び金曜日の18時から24時までの間で、応募できない場合があります。ご了承ください。

 (2) ハガキによるお申し込み

【1】氏名(ふりがな) 【2】郵便番号 【3】住所 【4】電話番号 【5】当選した場合大阪ミュージアム構想ホームページに住所(都道府県及び市町村名のみ)、氏名(名字のみ)を掲載することを了承する旨ご記入いただき、下記までご応募ください。 なお、名字の掲載を希望しない方は、イニシャル(ローマ字の最初の文字)を掲載させていただきますので、その旨を記入してください。          

⇒ 応募先 〒559−8555(住所不要)大阪府企画・観光課「大阪ミュージアム構想 大阪歴史博物館 特集展示」係り

※ 注意事項をご覧いただき、ご同意の上、ご応募ください。

【締切:平成27年1月15日(木曜日)必着】 


大阪ミュージアム構想バナー

大阪ミュージアム構想フェイスブックバナーぜひ、いいね!を押してください
随時イベント情報を更新してます★

注意事項

・ 応募者多数の場合は抽選となります。

・ 応募は1人1回に限ります。

・ 当選者には、応募内容に記載いただいた宛先に、プレゼントを郵送します。

・ 当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきますとともに、当サイトで都道府県市町村名、名字(又はイニシャル)を掲載させていただきます。

・ 応募に伴い収集した個人情報は、前項のほかプレゼント送付の目的に用い、他の目的には利用しません。

・ 利用者と大阪府の間のインターネットを利用して通信する部分はSsl(Secure Socket Layer)により、データを暗号化しています。

・ 収集した応募者の個人を特定しない情報(都道府県名、年代、性別、ホームページに対するご意見)は、統計上の集計を行い、大阪ミュージアム構想の推進のため活用させていただきます。



 

このページの作成所属
府民文化部 都市魅力創造局魅力づくり推進課 魅力推進・ミュージアムグループ

ここまで本文です。