(募集は終了しました)大阪歴史博物館 特別展「村野藤吾 やわらかな建築とインテリア」招待券ホームページ読者にプレゼント!!

更新日:平成26年10月22日

 当選者発表

多数のご応募ありがとうございました。

当選者へのご連絡は、プレゼントの発送をもって代えさせていただきます。

当選者(※順不同)

京都府京都市 大西様

大阪府大阪市 O様

大阪府大阪市 K様

大阪府大阪市 K様

大阪府大東市 清水様

 大阪歴史博物館 大阪歴史博物館 特別展「村野藤吾 やわらかな建築とインテリア」招待券をホームページ読者にプレゼント!!

プレゼント内容

梅田吸気塔
梅田吸気塔[写真パネル展示] 設計:村野藤吾 昭和38年(1963)



   大阪ミュージアム構想マーク大阪歴史博物館 特別展「村野藤吾 やわらかな建築とインテリア」招待券を抽選でペア5組10名様にプレゼント!!

【提供 大阪歴史博物館( http://www.mus-his.city.osaka.jp/ )様】

応募締切:平成26年8月28日(木曜日)必着】

大阪歴史博物館では、平成26年9月3日(水曜日)から10月13日(月曜日・祝日)まで、6階特別展示室において、特別展「村野藤吾 やわらかな建築とインテリア」を開催します。
 
 村野藤吾(むらの・とうご 1891−1984)は、大阪を拠点に活躍した日本を代表する建築家です。今年は、村野藤吾の没後30年にあたることから、建築関係資料やインテリアを通して、その業績を回顧する展覧会を開催します。

村野は、建築家・渡辺節のもとで綿業会館などの設計を担当し、昭和4年(1929)の独立後は旧そごう大阪店(現存せず)、梅田吸気塔など、大阪の都市景観に欠かすことができない建築を設計しました。

また、迎賓館(旧赤坂離宮改修、国宝)や宇部市渡辺翁記念会館など重要文化財3件、尼崎市立大庄公民館(旧大庄村役場)など登録有形文化財2件を含む、全国各地に300を超える数の作品を残しました。

村野は、時代の潮流であったモダニズムから一定の距離をおき、ひとの感性や手仕事を重視して建築を設計しました。こうした彼の姿勢は、建築という無機質で堅牢な印象になりがちな存在を、五感にやさしく訴えかける「やわらかな」ものへと変えていきました。

本展では、設計図やスケッチはもちろん、家具や建築部材、村野自身の愛用品などを通して、彼の「やわらかな」作品の魅力と人物像を紹介します



【会期】平成26年9月3日(水曜日)から10月13日(月曜日・祝日)
※ 火曜日休館

ただし、9月23日(火曜日・祝日)は開館、9月24日(水曜日)は休館

【開館時間】午前9時30分から午後5時(金曜日は午後8時まで)
※ 入館は閉館の30分前まで

【会場】大阪歴史博物館6階 特別展示室(住所:〒540-0008 大阪市中央区大手前4丁目1番32号、電話:06-6946-5728(代表)ファクシミリ:06-6946-2662)
(最寄駅)地下鉄谷町線・中央線「谷町四丁目」駅2号・9号出口、大阪市営バス「馬場町」バス停前

【展示資料数】約200点

主な展示資料

(1)梅田吸気塔[写真パネル展示] 設計:村野藤吾 昭和38年(1963)
   所在地:大阪市北区曽根崎2-16

梅田吸気塔


 梅田地下街の吸気塔は、村野藤吾の代表作のひとつとして知られる。

まるで生きもののように自由な曲面で構成された造形で、表面はステンレス板で覆われている。

やわらかな曲面や手仕事の痕跡を残す細部は、他の村野の設計した建築にも通底する。

(2)椅子 村野藤吾作 昭和18年(1943) 村野家/MURANO design蔵  

椅子


村野藤吾は建築設計にとどまらず、多数の家具を設計した。

この椅子は戦時中の仕事が少ない時期、自宅近くの指物(さしもの)大工とともに二人で時間をかけて丁寧に刻みあげたもの。

全体を構成する曲線や低い座面は、その後の村野のデザインした椅子に引き継がれている。



(3)心斎橋プランタン 衝立(ついたて) 昭和31年(1956) 
京都工芸繊維大学美術工芸資料館蔵

心斎橋プランタン衝立衝立2

 

心斎橋プランタンは、心斎橋筋に面して村野藤吾が設計した喫茶店。

椅子やテーブルのほか、衝立のデザインも自ら行った。

建物はなくなってしまったが、金属と籐で構成されたこの衝立からは、当時の店舗全体のデザインを偲ぶことができる。

 

(4)志摩観光ホテル クラシック 旧館 電気スタンド 昭和26年(1951)以降 
株式会社近鉄ホテルシステムズ 志摩観光ホテル蔵


電気スタンド

村野藤吾は、ホテル建築を多数手がけた。

三重県の賢島にある志摩観光ホテルでは、昭和26年(1951)の竣工以来、生涯にわたり幾多の増改築に関わって来た。

この電気スタンドは、籐でつくられた笠をはじめ、全体に丸みを帯びた表情で、村野の好みがよくあらわれている。

 (5)輸出繊維会館 傘立 昭和35年(1960) 株式会社輸出繊維会館蔵

傘立

船場の備後町にある輸出繊維会館は、建築からインテリアまで入念に設計された村野藤吾の代表作のひとつ。

この傘立はどこか近未来的な表情をたたえているが、きめ細かなデザインは輸出繊維会館の温かみのある木質系の空間の中でも調和をみせている。

関連事業

(1)講演会「村野藤吾の建築」
・日 時:9月6日(土曜日) 午後1時30分から午後4時(受付は午後1時から)
・講 師:笠原一人氏(京都工芸繊維大学助教)
     橋寺知子氏(関西大学准教授)
・会 場:大阪歴史博物館 4階 講堂
・定 員:250名(当日先着順)
・参加費:300円(特別展の観覧券もしくは半券提示の方は無料)

(2)座談会「村野藤吾と大阪の文化を語る ―建築・アート・まちなみ―」
・日 時:10月4日(土曜日) 午後1時から午後4時(受付は12時30分から)
・参加者:石田潤一郎氏(京都工芸繊維大学教授)
中山 勉氏(株式会社近鉄ホテルシステムズ専務取締役)
橋爪節也氏(大阪大学総合学術博物館館長)
福原和則氏(大阪工業大学教授)
・司 会:酒井一光(大阪歴史博物館主任学芸員)
・会 場:大阪歴史博物館 4階 講堂
・定 員:250名(当日先着順)
・参加費:500円

 (3)講演会「次世代に伝えたい村野藤吾の可能性」
・日 時:10月11日(土曜日) 午後1時30分から午後4時(開場は午後1時から)
・講 師:木下直之氏(東京大学教授)
松隈 洋氏(京都工芸繊維大学教授)
・会 場:大阪歴史博物館 4階 講堂
・定 員:250名(当日先着順)
・参加費:300円(特別展の観覧券もしくは半券提示の方は無料)

(4)ワークショップ&トークショー
「村野藤吾って誰?」、「建築って難しそう」・・・。そう思っている方にも、村野藤吾の魅力を楽しく、わかりやすく伝授します。ワークショップとトークショーの2部構成ですが、いずれか一方だけの参加も可能です。

【第1部】ワークショップ「江戸時代から伝わるペーパー・クラフト“立版古(たてばんこ)”で村野建築をつくろう!」
・日 時:9月23日(火曜日・祝日) 午後1時から午後2時30分
・講 師:伊達伸明氏(美術家)
・内 容:美術家・伊達伸明氏の制作した村野藤吾作品の立版古を組みたてながら、村野藤吾の建築への理解を深めます。なお、製作にはカッターやはさみを使います。

・会 場:大阪歴史博物館4階 第1研修室
・定 員:20名(事前申し込み)
・参加費:1,000円(材料費込)
・申込方法:往復はがきによる申込(多数の場合抽選)。
・申込先:〒540-0008 大阪市中央区大手前4-1-32
大阪歴史博物館「村野藤吾展 ワークショップ」係
  1枚のはがきに2名まで連記可。同一人物の重複応募不可。
・締め切り:9月10日(水曜日)消印有効  
  ・その他:[第2部]トークショー(別途参加費500円)にも参加される方には指定座席をご用意いたします。

【第2部】トークショー「村野建築の魅力にせまる」
・日 時:9月23日(火曜日・祝日) 午後3時から午後4時30分
(受付は、午後2時30分から)
・出演者:伊達伸明氏(美術家)
BMC(ビルマニアカフェ:高岡伸一氏、阪口大介氏、夜長堂 井上タツ子氏、川原由美子氏、岩田雅希氏)
・内 容:村野藤吾ってどんな人? 村野藤吾の設計した建築の見どころは?・・・そんな疑問にマニアックにお答えします。
・会 場:大阪歴史博物館4階 講堂
・定 員:230名(当日先着順)
・参加費:500円
 

(5)学芸員による展示解説
展示をご覧いただきながら、担当学芸員が展示品について解説します。
・日 時:9月7日(日曜日)、9月14日(日曜日)、10月5日(日曜日)、10月12日(日曜日)
各回、午後2時から約60分間 
・講 師:酒井一光(大阪歴史博物館主任学芸員)
・会 場:大阪歴史博物館 6階 特別展示室
・参加費:無料(ただし、ご入場には特別展観覧券が必要)
・参加方法:当日、直接会場へお越しください。
※イベントの内容は都合により変更される場合があります。ご了承ください。

大阪歴史博物館のホームページをご覧ください。
※イベントの内容は都合により変更される場合があります。ご了承ください。

 

応募方法

次の2つの方法のいずれかでお申し込みください。

(1) パソコンによるお申し込み

⇒ 応募申込画面

※ パソコンで申し込まれる場合、システムのメンテナンス作業等のため、火曜日及び金曜日の18時から24時までの間で、応募できない場合があります。ご了承ください。

(2) ハガキによるお申し込み

【1】氏名(ふりがな) 【2】郵便番号 【3】住所 【4】電話番号 【5】当選した場合大阪ミュージアム構想ホームページに住所(都道府県及び市町村名のみ)、氏名(名字のみ)を掲載することを了承する旨ご記入いただき、下記までご応募ください。 

※ なお、名字の掲載を希望しない方は、イニシャル(ローマ字の最初の文字)を掲載させていただきますので、その旨を記入してください。          

⇒ 応募先 〒559-8555(住所不要)大阪府企画・観光課「大阪ミュージアム 大阪歴史博物館 特別展「村野 藤吾 やわらかな建築とインテリア  招待券」係

注意事項をご覧いただき、ご同意の上、ご応募ください。

【応募締切:平成26年8月28日(木曜日) 必着】


大阪ミュージアム構想バナー

注意事項

・ 応募者多数の場合は抽選となります。

・ 応募は1人1回に限ります。

・ 当選者には、応募内容に記載いただいた宛先に、プレゼントを郵送します。

・ 当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきますとともに、当サイトで都道府県市町村名、名字(又はイニシャル)を掲載させていただきます。

・ 応募に伴い収集した個人情報は、前項のほかプレゼント送付の目的に用い、他の目的には利用しません。

・ 利用者と大阪府の間のインターネットを利用して通信する部分はSSL(Secure Socket Layer)により、データを暗号化しています。

・ 収集した応募者の個人を特定しない情報(都道府県名、年代、性別、ホームページに対するご意見)は、統計上の集計を行い、大阪ミュージアム構想の推進のため活用させていただきます。

このページの作成所属
府民文化部 都市魅力創造局企画・観光課 大阪ミュージアムグループ

ここまで本文です。