連立事業とは・・・

更新日:平成30年3月30日

連続立体交差事業は、「道路整備」の一環として行う事業です。

「大阪府が事業主体」となり、社会資本整備総合交付金により実施する都市計画事業です。

事業目的

 
 連続立体交差事業は、鉄道の一定区間を連続して高架化または地下化することにより、複数の踏切を一挙に除却し、交通渋滞、踏切事故を解消するとともに、分断された市街地の一体化を図り、地域のまちづくりの発展に寄与するものです。           
                                     

事業効果

  • 踏切を一斉になくすことにより「踏切による交通渋滞」及び「踏切事故」を解消します。  
  • 平面鉄道による「地域分断が解消」され、周辺の交通利便性が向上します。  
  • 駅舎が新しくなり、併せて駅前広場整備などを実施することで「街の顔」としての駅周辺が「一新」され、「まちづくりを一層推進」することができます。
  • 駅舎施設などが「バリアフリー化」され、利用者の安全性や快適性が向上します。
  • 新たに生まれる鉄道の高架下空間を利用して、「公共・公益施設のほか、商業施設」も整備され、地域の人々の利便性の向上、地域の活性化にも役立ちます。
  • 鉄道施設のロングレール化や防音壁の設置などの騒音対策や、環境側道の整備も合わせて実施されるため、列車の騒音・振動が減少します。さらに、踏切の解消により警報音も無くなるなど、「沿線地域の環境改善」が図られます。

 最近の整備事例

事業後泉大津連立高架下泉大津駅
                      南海本線(泉大津市)連続立体交差事業(H29年度事業完了)
  

大阪外環状線大阪外環状線大阪外環状線

                   大阪外環状線(東大阪市)連続立体交差事業(H28年度事業完了)

泉佐野連立泉佐野連立泉佐野連立

                    南海本線(泉佐野市)連続立体交差事業(H22年度事業完了)

 ★もっと連立事業について、詳しく知りたいという方は、以下のパンフレットをご参照下さい。
    大阪府の連続立体交差事業 [PDFファイル/1.11MB]
          

 ☆ページ単位でもご覧いただけます。
    1.表紙 [PDFファイル/478KB]

   
 

このページの作成所属
都市整備部 交通道路室都市交通課 連立・鉄軌道グループ

ここまで本文です。