環境を考えた使い方

更新日:平成23年11月30日

維持費を考えた使い方 健康を考えた使い方 事故を考えた使い方

環境を考えた使い方

たくさんの二酸化炭素を排出する自動車

地球規模の問題の一つとして、『地球温暖化』の問題があります。
地球温暖化の原因は、熱を吸収する温室効果ガスが増えたためといわれており、特に産業革命以降、化石燃料の使用が増え、大気中の二酸化炭素濃度が高くなったたことが大きく影響していると考えられています。

地球環境を守るため、一人ひとりが意識して、例えば、スイッチをこまめに消す、エアコンの温度設定を控えめにする、省エネ家電に買い換える、レジ袋を受け取らないなど、身近にできることから取り組み、より環境に配慮したライフスタイルに見直すことが必要です。

特に、自動車からはたくさんの二酸化炭素が排出されるため、『クルマの利用を少し控える』ことは、とても効果的です。
みなさんも、環境のことを考えて、『クルマの利用を少し控えて』、電車やバスを使ってみませんか?

一年間で削減できる二酸化炭素の量

電車・バスは二酸化炭素排出量が少ない

普段、みなさんが利用している『電車・地下鉄』と『バス』と『自動車』の二酸化炭素排出量を比較してみると、
・ 『電車・地下鉄』は『自動車』の約1/9
・ 『バス』は『自動車』の約1/3
で済みます。

二酸化炭素の排出を減らすために自動車をエコカーに変えることも一つの方法ですが、
電車・地下鉄・バスなどの公共交通機関を利用することは、身近にできて地球の温暖化対策に大きく貢献できる方法の一つです。

    一人を1キロメートル運ぶのに排出する二酸化炭素

関連サイト

地球温暖化に関する様々な情報が掲載されています。詳しくは以下のウェブページをご覧ください。

地球環境事業のご案内

地球温暖化対策に関する大阪府の現状や対策内容などがご覧になれます。
詳しくは、みどり・都市環境室地球環境課ウェブページ(別ウインドウで開きます)をご覧ください。

大阪府地球温暖化防止活動推進センター

地球温暖化に関する様々な情報がご覧になれます。
詳しくはこちら(外部サイトを別ウインドウで開きます)から!

このページの作成所属
都市整備部 交通道路室都市交通課 公共交通計画グループ

ここまで本文です。