一般国道309号 河南赤阪バイパス

更新日:平成30年3月30日

担当

道路整備グループ

1期区間

1期区間

 

2期区間
2期区間

所在地

南河内郡河南町神山から千早赤阪村水分

事業主体

大阪府

完成年度

1期区間:平成17年3月暫定供用(24年度に4車線化)

2期区間:平成30年3月26日供用(4車線)

大阪府都市整備 中期計画(案)参考資料(平成28年8月改訂)での位置付け

1・2期区間:概成

3期区間:休止

事業概要

一般国道309号は、大阪市内から南河内地域及び奈良県南部地域を結ぶ幹線道路です。当該区間の現道は、幅員が狭小で急カーブが存在するとともに大型車両の通行も多いことから、バイパスを整備し、交通転換を図るものです。

これまでの
整備状況

1期区間神山南交差点から石塚交差点(延長0.8Km)までは、平成16年度末に2車線で供用し、平成24年度末に4車線化しました。

2期区間石塚交差点から金山交差点(延長0.7Km)については、平成30年3月26日に供用開始しました。

事業担当者より
一言

多くの方々の多大なるご協力により、供用開始を迎えることができました。本当にありがとうございました。

[ 位 置 図 ]

広域図
平面図

このページの作成所属
都市整備部 富田林土木事務所 道路整備グループ

ここまで本文です。