一級河川落堀川の改修

更新日:平成29年10月21日

担当松原建設事業所 河川グループ
所在地松原市大堀4丁目から藤井寺市大井3丁目
事業名河川改修事業
完成年度未定
事業概要 近年の急激な都市化現象は、治水の環境を悪化させ、集中豪雨などによる浸水被害の増大を招いております。
 落堀川流域においても、例外でなく、昭和57年には台風等による記録的な豪雨により、藤井寺市域の低地部で浸水被害が発生しました。
 落堀川では、自己流における概ね10年に一度程度発生する洪水に対応した河道改修が概成しており、引き続き、大和川の背水対策を目的とした河川改修を進めています。主な河川改修内容は、堤防の嵩上げ、橋の架替えなどの対策を進めております。
整備効果 10年に一度の大雨に対して流下させる河道改修が概成。
 時間雨量  = 1時間当たり51.9ミリ
これまでの
実施状況

東除川合流点から一級河川終点
 計画延長 L=3.70km
 平成27年度末で計画延長の3.45kmが完成しています。

 平成28年度より西橋の架替工事を実施中です。

事業担当者
より一言
落堀川改修事業は、河川法改正(平成9年度)に伴い、河川整備計画を策定し、その計画に基づき事業進捗しております。整備計画の内容は、下記HPで確認できます。

 
西除川ブロック河川整備計画へリンク

落堀川改修前       落堀川改修後

(落堀川の改修前の状況)                      (落堀川の改修後の状況)

このページの作成所属
都市整備部 富田林土木事務所 河川グループ

ここまで本文です。