あんしん歩行エリア ★交通事故を減らしたいんや!★

更新日:平成28年4月21日

担当計画保全グループ
事業概要

日本では、交通事故死傷者に占める歩行者と自転車利用者の割合が4割を超えており、また、 歩行中の交通事故死者事故の約6割が自宅周辺で起きています。
 このような状況において、歩行者や自転車利用者の安全な通行を確保するため、あんしん歩行エリアを定め、 公安委員会(大阪府警)と道路管理者(国、大阪府、大阪市及び府内各市町村)とが連携して 総合的な交通事故対策を集中して行うことによって、安心して歩けるまちづくりを進めていく ことなりました。
 こうした対策を行うことによって、死傷事故の2割を、歩行者及び自転車関連事故の3割を減 らすことを目標としています。
大阪府内では、大阪市内25エリア、大阪市以外で28エリア、合計53エリアが指定されて います。

整備効果

死傷事故、歩行者及び自転車関連事故の削減
管内エリア一覧

地区名をクリックすると、周辺地図をご覧いただけます。

■河内長野市 : 河内長野駅周辺地区

■松原市    : 河内松原駅周辺地区

■大阪狭山市 : 金剛駅周辺地区

■藤井寺市  : 藤井寺駅周辺地区

■富田林市  : 向陽台地区

【河内長野駅周辺地区】

河内長野駅周辺地区 エリア図

【河内松原駅周辺地区】

河内松原駅周辺地区 エリア図

【金剛駅周辺地区】

金剛駅周辺地区 エリア図

【藤井寺駅周辺地区】

藤井寺駅周辺地区 エリア図

【向陽台地区】

向陽台地区 エリア図

このページの作成所属
都市整備部 富田林土木事務所 計画保全グループ

ここまで本文です。