「こどもたちの絵」展覧会

更新日:平成25年4月23日

南河内地域の「こどもたちの絵」展覧会

−道路施設を活用した地域の魅力づくり−

 こどもたちの学習の場として活用していただくとともに、地域に愛される道づくりを進めるため、歩道橋や橋梁などの道路施設を「キャンパス」に見立て、地域の子どもたちに絵画を描き、飾ってもらう「歩道橋キャンパス事業」や「ロード・ギャラリー事業」に取り組んでいます。

 このたび、より多くの方々にご覧いただけるよう、ホームページ上に、これまでに南河内地域の各地の道路施設に飾っていただいたこどもたちの絵を掲載しました。

 地域の魅力づくりに貢献しているこどもたちの絵画を、ぜひご覧下さい。

管内図

高鷲駅周辺(一般府道島泉伊賀線)
 ※現地にはロードギャラリーがあり、
  2ヶ月から3ヶ月に一度、絵の交換を
  しています。

滝谷不動駅付近(石川「高橋」) 
 ※橋の欄干にこどもたちの絵が飾って
  あります。

 

道路施設に飾っている絵ではありませんが、
狭山池博物館にて行っている
「子ども絵画コンクール」などの作品紹介
ホームページはこちら↓から
狭山池博物館ホームページ(外部サイト)

このページの作成所属
都市整備部 富田林土木事務所 地域支援・防災グループ

ここまで本文です。